スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
キャベツはどうした?
焼きそば用にわざわざキャベツ買ったのに…。



『もやもやしてたって、こうやって、なにかしら導かれてる毎日なんだ。』
あなたの言葉を僕もいただきます。


実は僕めっちゃ簡単に言うと、国際交流系のNPOやってます。
それで、GWに森林合宿をやりました。
そこで出会った講師の山師(森林の間伐や植林などの木や森に関する仕事をやってる人)に感動しました。

その山師さんの言葉にあったのが、
中国のことわざである『十年樹木、百年樹人』、という言葉。
(樹木を育てるには十年、人材を育てるには百年。人材をそだてるのは容易ではないという意味)。

山師さんは、その捉え方を変えて、『十年後によい自然環境を残したいなら木を植え、百年後まで環境を維持したいなら人を育てよ。』という意味で仰っていた。

『何十年もかけて育った木を何十秒で切ってしまって、ごめんなさいって毎回思う。』

『豊かな自然環境を残すことが、自分の子どもたち、子孫への一番の贈り物だと思う。』

心から本気でそう考えている人の言葉は、心の奥に届き、体が震えじわっと涙が出た。
こんな思いを持った人が、誰も知らない山の中で危険を伴いながら、作業してるんよ。
そのおかげで、山、森林の環境や安全が保たれてるって、知らんかったぁ。

僕自身は、人に熱く語れるほどの経験も信念もないんやけど、でもそれでも、こういう人たちや熱い思いを子どもたち、次世代に伝えて広げていく場を提供することが、僕にできることではないのかと改めて思いました。
そして、自分自身の成長は勿論やけど、これからは次世代を育てないといけないってことを。

森師への質問
Q.「昔から自然にあった森林は、間伐したり、人が手を加えない方がいいんじゃないんですか?」
A.「本当に手つかずの原生林なら、自力で育っていく力があるが、植林された森や、一度人の手が入った木々にはその力がなく、管理してやらないとうまく育たない」
らしいす。一度植林した森はずーっと管理していかないけんて。


森は生きている~♪氷に閉ざされた松雪草だって生きている~♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同級、同年代の人と会う、飲む。
どういう流れが、ハゲの話になる。
「お前ちょっとマシになったんじゃないの?」
「俺ちょっとMキテルかも。」
「やっぱ営業ってストレスでハゲるんかな?うちの会社の営業みんな髪薄いもん。」
「小倉さん、カツラらしいな!」
「バーコードするぐらいなら、ボウズにする!」
「デブはまだ痩せられるけど、ハゲはどうにもできんくね?」
「あぁそうやなぁ。」
こんな会話が飲み会の25%を占めると、「何?この大人の会話!歳取ったなぁ」と感じる。

結論:ハゲる前に結婚しないと!

Will you kiss me when I lose my hair?
美容室で勧められる高いシャンプーを早くから使ってた方がいいんやろうか、マジで悩む。


何にしろなくなってからじゃ、遅いね。
スポンサーサイト
2008-05-14 03:04 | だって純情どうしよう | Comment(5) | Trackback(0)
Comment
我々は、愛するものだけを守ろうとし、理解したものだけを愛し、学んだものを理解する。
ってこれチベットの言い伝えらしいんやけど。

学びたい、伝えるお手伝いがしたい、って私も思って今なにかしらやってるところ。
最近日記に書き留めたんやけど、「状況を照らし出せるメディアになりたい」

としくんはきっと有能なファシリテーターやよ!


そうそう、森林を守るための間伐も今は(間違った)自然保護のための規制でできなくなったりしてるんやって。。
つう 2008/05/14(水) 04:59:45) 編集

一番にコメントボムしようと思ったのに先越されたー!
小林大吾の1stアルバム二曲目「鉄工所の夜」がそんな内容のような気がしたような、してなくもないような、ごめんちょっと待ったなんて言うかあートイレ!みたいなキャッチーさも全くなくリリカルでシリアスなので聴いてみてください。
たけばやし 2008/05/14(水) 22:05:40) 編集

このコンボはたまらなく嬉しいっす!
ありがとうます。

>つう
『学び→理解→愛→守りたい』なるほどです!
何事も理解しようと思うのが、やっぱ大事やなぁ。
>「状況を照らし出せるメディアになりたい」
つうちゃんの学びと感性が、うまく導かれるのを祈ってます。
自分の思い通りに進めてしまったり、引き出せなかったり、ファシるのむずいよー!

>たけばやし
ユアボム、セカンドボム、ダイナマイトボーム!
ムール貝とユリイカのアンジェリカ風完熟トマトソース煮もいいけど、
リリカルでシリアスもどんとこい!ハマるやろうなぁ。
早いとこゲトして聴きます!ありがとう☆
としろ 2008/05/15(木) 23:09:23) 編集

昔こんな事を聞いたことがあります。
『愛情を持って設備を使うと設備が故障することなく、愛情を注いでない設備よりも長く使える』って。
生きてる森は更に人間の愛情をかんじるんじゃない???

私の尊敬する須藤元気はこう言ってます。
『愛は力を与え、不安は力を浪費する。』
ひでき 2008/05/16(金) 22:15:25) 編集

>ひでき
コメントありがとう☆
ひできから聞くと、納得するなぁ。
ほんとにひできとは、こういう真面目なこと?や堅いことやビジネスのこととか、いろいろ話できたらなぁって思ってて、こういう風にコメントもらえて、うれしいす。
あまり機械とか物質的なものに愛を感じたことはなかったんやけど、ひできの言う通りなら、大事に語りかけます。パソコンとかテレビとかヒゲソリとか。
関係ないかもしれんけど、もう終わったと思った草に、水をあげてたら花が咲いたのは、やぱうれしいね☆カモナベイベーって気分になるねw
>『愛は力を与え、不安は力を浪費する。』
いい言葉をありがとう☆須藤元気の著書は読んでないけど、おもしろい人やなぁと思ってて、知れて嬉しいす。
不安は力はを浪費する かぁ。なるほどねぇ。相手のものを無駄に浪費させたくないし、不安に思わせることはいっぱいやってきたけん、ぐさっと刺さってます。そうさせないのも、やっぱ愛なんすねぇ。
とりあえず、ひできとの関係も年に一度はメンテナンス(飲み会)を入れつつ、永く続かせませしょうや。




としろ 2008/05/18(日) 01:12:59) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://plus2ai.blog72.fc2.com/tb.php/79-6f2c4dde
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。