スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
コバルトブルーの風の中
一昨日ごろから風邪をひいたようで、熱が下がらず、頭痛もしていた。
昨夜は隣の部屋の新入生の履修登録のお手伝いを。
なんと彼三年もNZに留学してたのね!
英語で困ったときは彼に助けてもらおう。
ここ三日は風邪のせい?もあり、昼夜逆転生活でした。

で、今日がなんとTHE BACK HORNの産声チェインソーツアー大分公演@TOPSの日でした。
昨夜から太宰治(変換したら堕罪って出たwもしかしたらこれがペンネームの由来なのか?だとしたら分かる気がする)の「人間失格」と他短編を読みふけり、寝たのが昼すぎ。
その間風邪で体きついし、行くのやめようかとか、夢の中でもバイトでライブいけなくなったり、頭から離れんかった。
そんな浅い眠りから完全に目覚めたのが18時過ぎ。
ライブ開演は19時…。
シャワーを浴びて着替えて駅まで原チャで飛ばすが、間一髪で間に合わず。。。
次の電車待っていっても確実に間に合わん!
電車の時速何kmやろ?と一瞬考えつつ、原チャで大分まで行くことを決意。
別大国道をぶっ飛ばす!すっ飛ばす!
「俺たちは風の中で砕け散る ひとつになる」
電車で行くつもりだったので、厚着ではなく、少し寒かった。
10分遅れで到着するとすでに始まっていた。
客数は少なくないが、お客のフロアの空間には余裕があり、真ん中らへんに落ち着く。

もう、ボーカル山田の激しさに感じまくり!!
腕をブンブン振り回して体ねじったり、こんな動き見たとねぇよっち感じで。
MCはほぼドラムの松田で山田はあまりしゃべらず。
しかし、力がみなぎっていた。エネルギーを激しく発散していた。
これはエンターテイメントなんて考えの入る余地もない、まじりっけのない、緊張感のある全力の真剣勝負。そしてその溢れまくる本気の演奏と叫びがそのひと時の時間と空間を共有するファンに対する誠意のように感じた。

ふと、隣の女の子と見てみるとドクロの柄のバンダナを頭に巻いていた。
バックホーンとドクロ。
いや、バックホーンはドクロではない。
白い乾いた骨ではない。じゃ何?
内臓。肉。もっと赤くどろどろして、醜くくもあり、力や熱のあるもの。
骨も大切だけど、白い乾いた骨からはあまりにも味気ない。
血・内臓・筋肉。赤く醜く目をそむけたくなるそれらの方が「生」を感じる。
心臓オーケストラのジャケットのイメージもあるのだろうが、彼らの詩と音からは表面を取り繕ったのではなく、醜くもどうしようもなくとも生きること、生々しいほどの「生」のエネルギーを感じずにはいられない。
そんなことを考えながら、ベースの岡峰かっこいい~。あの弦を激しく弾く指で私の髪を優しくなでてくれたらとか乙女チックなことを考えてみたり(半分嘘)

「サニー」をやってくれたときは嬉しかったなぁ。
最後のキズナソングも最高やった!
「未来」と「涙がこぼれたら」を聞けたらよかったになぁ。
でも、大満足★★★★★

「誰もがみんな幸せなら歌なんて生まれないさ
だからこの世界よ もっと鮮やかな悲しみ染まれ」

「苦しくたってつらくったって誰にも話せないなら
あなたのその心を歌にして僕が歌ってあげるよ」

ここの歌詞分かるなぁ。
くるりの「World's end super nova」、ブルーハーツの「人にやさしく」ともつながってる感じがする。

しんけんかっこよかった!行ってよかった。感じれてよかった。
大分に来てくれてありがとうバックホーン!!また来て!

ライブ終了後にげんごに声を掛けられ、二人でガストへ。
げんごもバックホーン好きでバンドでコピーまでしたことあったとは知らんかった。。。観たかったなぁ。
げんごは初TOPSでフロアの狭さに驚いてた。
確かにこんな狭いハコで憧れの人を感じれるっちいいよね!
高校の同級生にも会い、当時はあまり話す機会はなかったけど、つながってるなぁと感じ、嬉しく思った。
ライブ行ったら熱も少し下がったし、少し前向きになれた気がする。
僕もっと聞きまくってもっとはまるけん、曲もいっぱい作って、また大分に来てくださいね。
スポンサーサイト
2005-04-05 02:39 | だって純情どうしよう | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://plus2ai.blog72.fc2.com/tb.php/17-0bc2b6fd
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。