スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
それが(フォークでなく)スプーンというやさしさ
なぜか正座させられてる俺。その後ろには、右手にスプーンを握り締め、仁王立ちになっているあゆみ。
「あのときのことを答えろって言ってんだろっ!!」って、あゆみは何度も怒鳴りながら俺の頭にスプーンをガシガシ刺す。
『あのとき』がいつのどのことなのか全く分からないまま、スプーンでガシガシされ続けてると、頭にスプーンが突き刺さって立つようになった。このままいくと、脳みそほじられるなと思ったところで、脳が刺激されたのか『あのとき』が何なのか、ひらめいた。
問いかけを共有できたこと、解放される可能性が見えたことに、うれしく思った。しかし、その当時の状況に、なんとなくは心当たりがあるがはっきり覚えていない。一年前のことであるし、自分にはあまり関係ないと思って、それほど気に止めてなかったから。
どうしよう。「どっちか分からないですが、こっちかこっちみたいな状況でした」なんて、曖昧なこと言ったら、余計に怒らせてしまいそうで言えないし、でも何も言わないとこのままスプーンで頭ガシガシ刺されるのが終わらないし、どうしよう。
っていう夢をみました。
あゆみマジで怖かったっす。
夢で良かった。
この恐怖感どうしてくれんねんと思い、筆を執らせてもらいました。
おはよう。元気にしてる?
僕は今朝の夢に比べると、刺激は少ないけど、平和な日常を送ってるなぁと実感させられました。
何げない日常に感謝する気持ちを教えてくれて、ありがとう。
夢の中でも穏やかな気持ちになれるように、もう一度寝ます。
おやすみ。
スポンサーサイト
2010-03-22 06:11 | +2愛 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://plus2ai.blog72.fc2.com/tb.php/121-a5311f58
03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。