スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
@堀田温泉
『父ちゃんの 笹舟浮かぶ 露天風呂』


『シャンプーが 耳に残って イヤホンに』


『ノスタルジー 分かっているけど 君はいない』


今日は久しぶりの友達にたくさん会えて、うれしかったです。
いやーすごい偶然に感謝☆
なんかいろんな話できて、よかった。
みんな頑張ってんやなぁって思って、エネルギーをもらったんやけど、
なんか逆に残りの空白を感じてしまって、一人で堀田温泉へと向かう。

ゆったりと浸かって、しみじみと浸る。
あのころと同じ浴槽の同じ場所なんやけど、一緒にいた友達は今は遠く。
『違うのは隣に君がいないだけ』ってそんな歌あったけど、何かは思い出せない。
多分そんな歌たくさんあるんやろう。

温泉に行くのも久々で、そんな通ではないのけど、実は温泉好き。
温泉で観る親子っていいよね。そこに自分の過去と未来を見れる。
温泉って人間観察の絶好のスポットやと思う。
見るともなくじっくりと人を見れる。
そして、写真に撮りたいシーンや表情がたくさんある。(ノンエロス)
全くの他人が集まってて、言葉も交わさないけど、『気持ちいい』『リラックス』って感覚を共有してて
リラックスしてて人目を気にしない『素』になってるけど、多分『無』ではなくて、頭の中で良いことや悩みが浮かんでごちゃごちゃしてたとしても、体感的には開放してる『快』であって、自分自身もリラックスして同じレベルで開放してるから、その人からちょっとにじみ出てくる背景に、お湯を通じて「ちょっとお邪魔します」って感じで、よく言えば親近感で、悪くいえば勝手な想像を当てはめるのがおもしろい。
小学生男子や身近な家族を撮った写真集とかあるけど、同じように温泉・銭湯で入浴中のシーンや表情を撮った写真集があったらおもしろそうやなぁと。

その人の生き様が見えるとか大それたことは言わないが、やっぱり『裸体』『生身』ってのは、その人だけのものやし、見た目の肉体だけでなくそこからキーワードを感じれる気がする。

温泉と表現みたいなのを考えてたら、太宰治の『美少女』と川上未映子の『少女はおしっこの不安を爆破、心はあせるわ』を思い出した。
たまたまどっちも少女やけど、別にそんなんやないからw
温泉を舞台にした小説をまとめて読んでみるのもおもしろいかも。

温泉ゆかりの文人・芸術家




いつのまにか、夜も昼間の風も秋っぽくなってて、なんか感傷的です。そしてちょっと感冒的です。がんまおらー!!!
夏満喫してないのに、もう秋って。心の準備ができてないっす。
秋好きやけど、あまりコンディション良くない気がするなぁ。

こんなときこそ、食う・寝る・遊ぶをちゃんとして、健やかにいこう!
にぱー☆

スポンサーサイト
2009-08-24 23:23 | ハートは万華鏡 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://plus2ai.blog72.fc2.com/tb.php/116-5ab40962
02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。