スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
またねたね
大分に引越しマスタ。
「大分でどっか泊まれるとこないかなぁ」という方、おいでやす。
ただ夜は出かけてることもあるので、予約連絡もらえた方が確実です。
予約時には、「今夜は帰りたくないの」と甘く言ってください。

---------------------------------------------------
料金: 無料(一泊二日)
食事: なし(気分が良ければ朝食付き)
定員: 1人~3人(がんばれば)
場所: 大分駅から徒歩6分。
施設: 冷暖房あり、ユニットバス、インターネットなし(現在)
駐車場: 微妙
その他: へべれけ歓迎
---------------------------------------------------

仕事は、なんとかやれてます(多分)。
前の職場で注意されたことを忘れず、ダレズニ動いていこうと思います。
あと、安全運転を心掛けます。

この前営業中に運転してたら、
『ポイ捨て禁止』の看板が『ポイ捨て笑止』に見えて、ウケた。
それはそれで、目を引くし、印象に残るので、ありやなぁと。
公共性のものも、もっと遊び心入れてキャッチーにすればいいに。
目が疲れてるなぁ。

最近いろいろとあって思ったのが、
・人と会うと元気と情報をもらえる。
・もっと感動したい。鳥肌を感じたい。
高橋歩の『BELIEVE YOUR トリハダ』やなぁ。
人やモノゴトとの出会いとかに、頭だけやなくて、体が反応するってすごい。
本物探知機か。じゃぁ、本物の何?情熱?思い?

あと、地味に楽しみなこと。
コーヒーの木を買いました。
観葉植物としてで、まだ10?ぐらいやけど、ぐんぐん大きくなるみたい。
来年の夏にはコーヒーの花を咲かせて、3年後ぐらいには、実がなるらしい。
とりあえず、コーヒーの花と実を見るまでは死ねません。
いっぱい愛情そそごー。
自分が3年後どうなってるかわからんけど、継続した目的(楽しみ)ができました。
一個の鉢植えでどれくらい豆が取れるんかわからんけど、いつか大量に苗を植えて、自分の育てた豆でコーヒー飲めたら最高やなぁ。

あと、今日思ったこと。
野菜や果物の種って、本来人間にとって大事なものやったんやなぁと。
僕の普段の生活では捨てることが当たり前になってた。
かといって、種から野菜を育てようとまではなかなか思わないけど、
『種』ってものを『ゴミ』に近い感覚でみていた自分に気がついた。


なんか気分悪くて、吐きそう。熱っぽい気もする。疲れたまってるんかなぁ。
今夜は早く寝よう。
スポンサーサイト
2008-10-26 22:00 | ハートは万華鏡 | Comment(4) | Trackback(0)
ドリッコリー そして終わりのない・・・
秋はメランコリーの季節。なんとなく物悲しくなる。

『生物学的に、季節や気温の変化はホルモン分泌に大きな影響を与える。
春はなんとなく気分がウキウキし、秋はメランコリー(憂鬱、哀愁、物悲しい)な気分になるというのも、大方の人の生理からすれば自然なことであるのだ。』

らしいよ。(古本屋で間違えて買ったカウンセラーの本より)

だから、センチメンタル過剰になっても、「あーなんか風邪ひいたかも」ってそういうもんだと思えばいい。
全然ロマンチックじゃないので、あまりオススメしないけど、まぁ場合によっては楽になるのかも。


ベランダ菜園にチャレンジ。
リーフレタス、ブロッコリー、ドリッコリーをプランタに植える。
ドリッコリーってのは、ブロッコリーとカリフラワーを配合したやつ。
ドリッコリーのドリってなんや!?

のびのび育てよ~。
収穫の喜びってのを、味わわせてもらおうやないか~い。


日曜に中学の同級生3人で、映画『おくりびと』を観た。
安らかな旅立ちのお手伝いをする納棺師の話。

いい映画です。おもしろい!名作です。
泣いて、笑って、胸からこみ上げてくるもんが、また目からこぼれた。

「あそこのあのセリフが!!」とか「あのシーンってこういう意味?」とかいろいろと語りたくなるけど、ネタバレするので、

内容は公式サイトにて、どうぞ。

サイト内に『観客からの声』のもあるけど、事前に感想に浸りすぎると、ワクワクが減るので、
映画を観終わってから、「そうそう」「あぁそういう見方もあるんや」って、うなずきながら読む『あとがき』的楽しみ方の方がいいかも。

良いと思ったものを勧めるのは、難しい。詳しく全部言ったら観る楽しみ減るし、先入観で判断させてしまいそうやし。ましてや、相手の感じ方も違うし、相手の評価がそうでもないと寂しいし、批判されると自分の感性を否定されたみたいで悲しいので、分かってくれそうな旧知の関係やないと無条件に『これ間違いないよ!絶対見た方がいいよ』って強く勧めにくい。

でも、同感、共感でなくても、共有できたらうれしいなぁと思うので、恐れずに思ったままにオススメします。

僕も友達から、「人生でベスト3に入る映画」って勧められんかったら観てないし。

『家族の愛・絆』、『別れ・死』をエッセンスに大事に作り込んだら、お涙頂戴の感動モノになるのは当たり前やんってドライな考えは僕にもある。感動させよう、泣かせようと狙って作ったのに簡単にひっかかりやがってとかいう見方もあるかもしれん。
でも、それを超えてたと思う。

映画のTVCMで上映後のお客が「感動しました」「泣きました」とかいうのあんま好きやないけど、それと同じでも同じことを言いたい。

「思い」の全てを残さず伝わるように、受け止められるようにできてた映画やったと思う。

あと、広末涼子がかわいかった!!

ぜひ映画館で観てほしい。
間に合わなければ、レンタル化してから、観てほしい。
準新作になったころでもいいので、観てほしい。

多分、観た人同士なら1時間ぐらいは熱く語れます。

って
こんなことやってる場合じゃなくなりました。
昨日辞令が出て、大分本社への配属になりました。
いきなりすぎて、本当に迷惑です。
仕事だけなら、どこ行ってもそらハイハーイってやるけど、
こっちでの会社だけじゃない人間関係やらあるのに、どうしろっちゅうねん。
仕事も部屋も片付けないけんこと多いし。
がけっぷち!!ストレスフル!!!!

来週からは電車通勤です。
近いうちに新居探します。
激動の日々ですが、まずい朝鮮人参茶飲んでがんばります。

2008-10-02 23:54 | 思考回路はショート寸前 | Comment(3) | Trackback(0)
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。