スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
道での遭遇
【いたたまれない】 ゐたたまれ― 「居た▽堪れない」(連語)
精神的な圧力を受けてその場にそれ以上とどまっていられない。
※「痛くて堪らない」と意味が近いようだが、微妙に違う。
『道路脇に花が添えられてあり、いたたまれない気持ちになった。』


【ギャップ】[gap]
(1)すき間。間隙(かんげき)。
(2)考え方や意見などの隔たり、また食い違い。
『暴走族っぽいバイクに乗ってたお兄さんたちが、挨拶をしてくれた。イメージとのギャップが、余計嬉しかった。』


【一期一会】いちご-いちえ ―ゑ
(1)〔茶会に臨む際には、その機会は一生に一度のものと心得て、主客ともに互いに誠意を尽くせ、の意〕一生に一度だけ出る茶の湯の会。
(2)一生に一度だけの機会。
『暴走族っぽいバイクのお兄さんたちとの一期一会』


バイト帰り、僕の原付と風防・えびぞりテールバリバリの二人乗りバイクが信号待ちで隣に並ぶ。

僕(うわ~怖そうな人達が隣に来た。どうしよ~。じろじろ見らんかったら大丈夫かな…。)

後ろに乗ってた人が
「こんばんは~」

僕(うわ!声かけられた!どうしよ!とりあえず)「こんばんは~」
 (ただ挨拶しただけかな。最初挨拶から入って、後からからまれたりして…。でも威圧的な感じはねぇな。)

信号が青に変わる。バリバリバイクは先に発進。少し遅れて僕発進。

僕(あ~良かった。でも悪い人じゃないみたいやな。すげぇバイクやなぁ。)

直進後、次の信号は赤。前に止まっているのは、さっきのバリバリバイク。

僕(おーどうしよ!とりあえず声かけちゃえ!)「また会いましたね!」

微笑むバイクの2人。
バイト帰りのワイシャツ・黒ズボンの僕を見て後ろの人が、
「仕事帰り?」

僕「はい、バイトの帰りです。すごいバイクですね!」

微笑むバイクの2人。
信号が青に変わる。
別れ際に後ろの人が
「がんばって!」

僕「ありがとござぇあーす!!」
と後に続く。

次の信号でも会ったらどうしよ。それもいいなと思ってたら、
バリバリバイクは左折でバイバイ。

なんか嬉しかった。
こういうのたまらんね。
もう道路脇の花のいたたまれない気持ちもふっとんだよ。

一見怖そうな人の優しさというか、イメージのギャップというか。
はーとうぉーみんぐでときめきでした。
こっちが勝手にイメージ作ってていけんけど、やっぱ先入観とか印象っちどうしてもあるけんな。
でも、信号待ちで気まずいっちいっても、普通、初対面の人に挨拶とかなかなかできんよ。
一瞬の上辺だけでも、「がんばって!」っち言われたら嬉しいし、ちょっとつながってる感があったし。

だいぶ前のブログでも、接客業は
「一度限りであれ、一瞬であれ、自分とお客の人間関係を築くもの」
とか書いたけど、
ほんと、その場限りの出会い・関係でも、気持ちをあったかくできたり、嬉しくさせたり、元気づけたりできる人になりてぇなぁと改めて思った。
バリバリ兄さんたちありがとう!僕今あったかいです。
また会えたら、いとおかしやなぁ。

バリバリバイクの風防にはステッカーが貼ってあった。

『ゆっくり走ろう 日本全国』

なんかこういうの、たまらんよね。
スポンサーサイト
2006-09-04 04:59 | だって純情どうしよう | Comment(7) | Trackback(0)
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。