スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
5月30日の彼と僕と彼女in別譜
"I love you" みな思う これだけがメロディ奏で出す。
                                  くるり 「WORLD'S END SUPER NOVA」

聴けば涙、でも心を分かってくれる別譜(?)
「ダンデライオン」
「ばらの花」
「流れ星」
「ジュテーム?」


「大切な人を大切に」って心の奥では思ってる。
でも、せないけんことがいっぱいいっぱいそれを包んで隠してる。
自然に囲まれた自給自足のような穏やかな生活の中では、
大切な思いを包み隠さず、大切な人と共有して穏やかに幸せにすごせるんかな?

海がいいなぁ。
きれいな心から出る涙。
涙もしょっぱい。
海もしょっぱい。
人間の体のほとんどは水分だそうな。
母なる海。
温かい海がいいなぁ。
優しく包みこむような、体もとけてしいそうな。
きれいな海がいいなぁ。
心もきれいになっていくような。

「雨ニモ負ケズ」もありかもしれん。
でも、僕は欲の塊やし、何にしても欲がなければ、エネルギーは生まれなさそう。
そのエネルギーを感じるから、わくわくしたり、楽しかったりするんやと思う。
自己実現欲が他の人の幸せにつながるのなら、万々歳なんかもしれんけど。

身近になりすぎると、自分のことの中に入ってしまう。
自分のことは後回し、先にせないけんことせなっち。
相手の気持ちもあるのにね。
かといって、せないけんことせな多くの人に迷惑をかけてしまう。
せないけんこと優先せないけんと思う。
でも、次に来る自分のしたいことに相手の存在が入ってなければ、
相手の存在って何ってなるもんなぁ。
相手の存在をせないけんことに入れるのも、義務みたいで、違うと思うし。


いつも肝心な時にいれず、肝心なことを言えず、
冷たいように感じるかもしれんけど、
心の奥にはあるんよ。忘れてねぇよ。
でも、自分で精一杯で、ごめん。
もっとうまくこなせるようになりたい。
自分以外の人のためにもなれるように。

友へ。
死ぬまでよろしく。
もっといろいろやろうな。
いろいろ前向きな正論っぽいこと言ったけど、
気持ち分かるよ。本当に。
でも、俺がついちょんけん。
スポンサーサイト
2005-05-30 02:26 | ハートは万華鏡 | Comment(0) | Trackback(0)
眠らずに朝が来て、にやつきながら帰る。
昨夜男二人で夜景ドライブに行き、その後徹夜で、今朝の英語のテストを向かえる。
余裕でしたよ。この前の中間の成績もなかなか良かったし!

学校から帰ろうとしているときに、僕のタワレコ的存在いちやすと遭遇!
衝撃のニュースを聞かされる。
ZAZEN BOYSが大分に来る。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!

8月15日@OITA TOPS
死んでも行く!死んだら行けんけん、それまで事故らんように気をつける!
バイトだろうが、お盆だろうが、絶対行く!真夏のブリザードでも行く!!

あれは高校三年の10月ぐらい。NUMBER GIRLが大分に来たとさ。でも、僕は行かなかったのさ。
そしたら、11月ごろに解散しちゃって、HP見ながら泣きました。ショック出死汰。
最後に見れたかもしれなかったのに。あの思いは繰り返しません。
かといって、福岡まで無戒に会いに行く余裕もなく、大分に来てくれんかぇっち思ってたとさ。

そしたら…

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!

いちやす&まだ見ぬ(?)こんちゃん、ほんとありがとう!
バリヤバイ!

最高潮の喜びとともに帰りに原チャのりながら、
これ以上ないくらい口が横に開いた満面の笑みで
「黒い下着 黒い下着 真っ黒けっけのしったっぎ!」
って叫んでました。
普通の人が見たら、変態です。へんたいへんたいへんたいへんたい、たいへんでーす!
変態でも思い出小僧でも、ちびっこさんでもいいんです。
ナンバガの曲もやってくれたら、うれしいなぁ。

無戒に会える。zazenに会える。
無戒を聴ける。zazenを聴ける。
無戒を感じれる。zazenを感じれる。

最前線に行っちゃん!
がんがんハジケちゃん!
不戒都市化図参上ですよ!

あぁ。何でも何でもがんばれる。
でも、8月15日って聞いて、Cold Summerが思い浮かんだな。
狙ってるんかな。毎日線香絶やさず待ってます。

LとRを塞いで僕をザクザク刺してください。狂った踊り念仏で成仏します。
2005-05-27 02:27 | だって純情どうしよう | Comment(0) | Trackback(0)
死の谷
今日、原チャ乗りながら、「死」について考えてみた。
聴いていた歌の詩に「死」という言葉があったから。
人はいつ初めて、「死」という概念というか言葉を知るのか?
別に死にたいわけではないです。
前回の日記のときはへこんでましたが、死のうなんて思わないし、もう大丈夫です。
今なんて、黄色のTシャツに黄色のジャージはいて、ブルース・リーみたいな格好になっちょんしw
「ホァター!!」っち…関係ねぇけど。

別に暗いところは何にもなく、ただ不思議に思っただけなんやけど、
人はいつ初めて、「死」を知るのか?
もう少し明確に書くと、「子どもはいつ、何によって死を知り、親はどのように子どもに死を理解させるのか?」ということかな?

ここで僕が考えた死の定義のようなものは
「死んだ生物は一切の活動をしない。」っち感じです。
で、子どもは物心つく(?)3歳~5歳くらいの想定で。

「子どもはいつ死を知るか?」
まず、子どもは何の死を経験するか?

1.テレビアニメの悪役の死
 死ぬ、殺すというより、「やっつける、倒す」という感覚なんかな?
 ウルトラマン、仮面ライダー、戦隊ものは敵が爆発して死んだりする。
 それに対して、ポケモン、アンパンマンなどは死までは至らない。
 回収したり、ばいばいき~んで終わる。
 「正義(主役)=悪を殺す」という発想を抱かせない点では良質なアニメと言えるんかな?
 とすると、ブッシュ大統領の考えは子ども向けアニメ程度のものなのかと安直に結びつけて思ったりした。

2.身の周りの昆虫、小動物などの死
 猫が道路で轢かれてた、鳥が死んでたなど。
 僕の経験:バッタを袋に入れてたら死んでた。飼ってたカブトムシの死。
 父がゴキブリを新聞紙で叩いて殺した。
 川でくらげを壁にぶち投げて殺していた(くらげは生きてるんか、死んでるんか分からん!!)
 蟻を踏みつけて遊んでた…etc。こんな感じ。
 殺したに近いけど、あまりそういう感覚はなく、死に対する感覚も薄いのではないか?

3.家族、ペットの死
 これは間違いなく、死と向き合うことだろう。まだ完全に理解できなくても、死を知るということ。
 僕の父方の祖父は僕が生まれる前に、祖母は僕が1歳くらいの頃に亡くなって、
 母方の祖父母は健在なので、僕はこのような記憶がない。
 小学生のときのハムスターの死なら経験あるけど。

このように幼い頃に体験し得る死を大きく分けてみた。抜けてるのもあるやろうけど。
1~3の順に、現実性、自分との関係が大きくなってくるように思える。
単純な考えだが、「死の大きさ=情の大きさ」やなと思ってしまう。
僕は家族や友人の死を体験したことはない。できることならしたくないけど。
それでも、死を知っている。
絵本やアニメの中から死を感じとり、知ったのか?
虫や小動物の死の場面で、両親が死ということを教えてくれたのか?
僕にとって、最初の「死」は何の死か?
それは見て知ったものか、自分が殺して知ったのか?
その時どう感じたのか?
何の役にも立たないけど、知りてぇなぁ。

「親はどのように子どもに死を理解させるのか?」

これは実際に身近な人の死を体験してない僕がいろいろと書いてしまうと、不快に感じる人もいるかもしれないので、書きません。


今日の日記は死について書いてみましたが、決して死を軽んじてというわけではありません。
そう易々と死を口にするなって言われるかもしれませんが。
ただ幼い子どもにとっては経験するもの全てが未知で不思議で新しい発見である中でも、大きな、今まで在るものがなくなるという、生に対するところにある「死」をどう捕らえ、感じるのかということに疑問を感じ、シンプルに考えてみただけです。


「死ぬ気でやれよ。死なないから。」
そうでな!死ぬ気でやってみよう!
甘えを捨てて、でも無謀でもなく。
やっていこう。
2005-05-19 02:28 | 思考回路はショート寸前 | Comment(0) | Trackback(0)
満開にしてぇなぁ。
『ひとつしかない地球』
真新しいことは言ってない。みんなが感じてる当たり前のことかもしれない。
でも、僕はこの歌を聴くと鳥肌がたつ。聴くたびに弱くなっているが。
こんなに心から響くのは宮沢和史さん(THE BOOM)本人が世界を周り、多くの人と関りあって、心から思い歌っているからだと思う。
僕も在籍しているラボパーティで育った宮沢さんが、作詞・作曲し、シンプルだけど大切なメッセージで世界をつないでるようで、嬉しく思う。

『ひとつしかない地球の上で 僕らの笑顔が花になる
 ひとりにひとつずつの命 地球と同じ重さの命』

満開にしてぇなぁ。
誰にでも、悲しいとき辛いときもあるけど、それが当たり前の状態にならないように、
周りの人と分かり合い、支え合って、笑顔でいるときの方がずっとずっと多くなったらいいな。

朝このプロモを観ると、ばっちり目覚める!
ゆっくりと体の中にエネルギーが満ちるような感じ。

試聴はこちらから↓
宮沢和史 コシカ/ひとつしかない地球

『いのちは一つしかない
 でも大切に使えば一生持つ
 心は一つではない
 大切に使えば無限の可能性を生む。』
                 さだまさし『そうしたら掌に自由が残った』より

さ~て、やりますか!!
2005-05-14 02:31 | ハートは万華鏡 | Comment(0) | Trackback(0)
深呼吸。
ドキドキする。
呼吸がとまる。
胸が詰まる。
もうだめなん?
ごめんなさい。
いやだ。
でも、自分がもっと嫌だ。
ごめん。
2005-05-12 02:29 | ハートは万華鏡 | Comment(0) | Trackback(0)
恋するイルカ
生まれ変わるならなりたいものの一つがイルカ。キューっち鳴くんかな?
すべすべで、海を自由に泳いで、人間にも食べられず、天敵おらんっぽいけん。
シャチとかサメに食われるんかもしれんけど。むしろ今後海が汚染してきて、そっちの方が生きづらいんかな。そうすると人間が天敵か。人間は地球にとっては悪なのか?
でも、もし自分がイルカで群れとはぐれて水族館とかのショーで雇ってもらえても、サービス精神は出なさそうやな。そこまでイルカの思考が働くか分からんし。
まぁ、生まれ変わりたいものNo.1は人間のかわいい女の子なんやけど。

深夜にコーラを買いに外に出て、雨を感じて、イルカを思って。

誰かに批判されたという訳ではないけど、
コーラが体に悪いって分かってて飲んでるんなら、いいやん。
インスタントラーメンが体に悪いって分かってて食べてるんなら、いいやん。
タバコが体に悪いって分かってて吸ってるんなら、いいやん。
酒の飲みすぎが悪いって分かってて飲んでるんなら、いいやん。
他人に迷惑かけるのはいけんけど。
麻薬・ドラッグはどうしようもなく悪いと思うけど。

「健康はお金じゃ買えない」「健康な体はかけがえがない」
って言う。それも分かってる。いや、自分が若くて健康に見える今は分かってないのか?
健康食品やらなんやら、健康になるためのモノはお金で買える。
現代の健康志向商品にはかなりのマーケットがあると思う。
今後、高齢化もさらに進むことやし。
でも、絶対に効果があるとは言えず、値段も高かったり、医療費も高いし、お金かかるね!
だから「健康体=高価値」なんかな?その分お金使わないでいいし。

「健康体=高価値→幸せ」であっても、
「健康体=満足」ではないと僕は思う。
健康であったらできること、健康がなければできないことは数多くあるし、それは積極的に認める。
しかし、「生きる(生存する、生き永らえる)」ために生きるのは満足のいく人生にはつながらないと考える。
それで生存を求める本能は満たされるだろう。それは動物、昆虫、人間など共通の生物の本能。
人間以外の動物は「生きるために生きる」でいいと思うが、人間はそれでは満足できない。
人間は生に意味や楽しさ、幸福さをもとめ、それによって満足するのでなはいだろうか。

健康があってこそ満足のいく人生を送ることができるが、健康を目的にするのはどうかと思う。
山の中で自給自足して生きる、一日中野菜や家畜を育て、それに感謝し、健康体であることに満足する人もいるだろう。そういう人は自分が自然の一部であり、「自分」ということに固執していなくて、悟りを開いてるのに近いのかもしれない。
しかし、僕にはそれは魅力的に感じない、つまらない。
人の人生が映画や小説で自分がその主人公であると考えるのと、煩悩の塊だから。BONNO-Block!!Oh yeah!!
もちろん、安全で安心して生きていける自分の環境には感謝すべきである。

What is love? what is happiness?
その考え方は人によって違うものだろう。

要するに(?)僕は自分の人生がドキュメンタリービデオになって、それを自分で見ても面白く、良く生きたなぁと感じ、他人が見ても面白く感じられたら尚いいなと思い(それはそれではずか死すぎる)、そうなるように満足のいく人生を送りたい。その満足につながる消費が自分の健康に影響を及ぼすものであったとしても、必要性が小さくても、そのメリット・デメリットに自分が納得してるんならいいじゃないかと思う。


そう思いながら、コーラでビタミンとカルシウムのサプリメントを飲む僕です。
2005-05-05 02:35 | ハートは万華鏡 | Comment(0) | Trackback(0)
高校数学の教科書に「まさしの定理」導入を訴える会
「まさしの定理」
想像+願い+期待=希望
希望×経験値=可能性
可能性×(努力+研究)=実現
実現÷運+感謝=実力

            さだまさし 『そうしたら掌に自由が残った 200の「生きるキーワード」』より

この本おすすめです。

お酒呑みたい。
酔っ払いたい。
鍛高譚(たんたかたん)という北海道のしそ焼酎を注文しちゃいました。
前に友達のうちで少しもらって、美味しくて!!

レポート全部終わって、落ち着いたら呑もうかな。
2005-05-02 02:35 | ハートは万華鏡 | Comment(0) | Trackback(0)
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。