スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ima young
iPodminiにもうちっと曲を入れようとCDを探る。
一回ぐらいしか聴いてないぐらいのもたまにあり、改めて聴くと良い!
前は大して感じることのなかったものでも、今聞くと良いものもある!
今日再発見して、いいと思ったのはこれ↓
SANDY DENNYの"Forever Young"
僕の持ってるのはsandyとtrevor lucusという男の人両方のmix albumみたいなので、この曲はtrevorが歌ってたのだが、歌詞が好き。

"Forever Young"   sandy denny

May God bless and keep you always,
May your wishes all come true,
May you always do for others
And let others do for you.
May you build a ladder to the stars
And climb up every rung,
May you stay forever young,
Forever young, forever young,
May you stay forever young.

May you grow up to be righteous,
May you grow up to be true,
May you always know the truth
And see its light surrounding you.
May you always be courageous,
Stand upright and be strong,
And may you stay forever young,
Forever young, forever young,
May you stay forever young.

Forever young, forever young,
May you stay forever young.

May your hands always be busy,
May your feet always be swift,
May you have a strong foundation
When the winds of changes shift.
May your heart always be joyful,
May your song always be sung,
And may you stay forever young,
Forever young, forever young,
May you stay forever young.
Stay forever young.

親心のような気持ちで歌ってるような気もするが、恩師か近所のよく面倒を見てくれたおっちゃん、おばちゃんからヤングな若者にという気もする。
焚き火を囲んで、酒のみながら、おっちゃんが少し照れくさそうにギターを取り出して、しっとりそして芯のある声で歌って、みんな目を瞑って聴き入る。
そんな風景を思い浮かべてしまう。
自分をこんな風に思ってくれてる人がいて、自分も友達や恋人、兄弟などのことを普段あまり考えないけど、こんな風に願ってて。
過度の期待を押し付けるのではなくやさしく見守ってくれる人が誰もの周りにいて、自分もそのように人を思うこと、そのありがたさと大切さ。
落ち込んだとき、落ち着いてるときのヘビーローテ入り決定★

俺今ヤング。やりたいことやろう。

まずは面白いツッコミができる人になりてぇな~。
僕は漫才ではボケの方が好きで、ツッコミはあまり興味がなかった。
ツッコミに対しては「そんなこと言わんでも、いいやん」「くどいなぁ」とか思ったりしてた。
なんでいきなり、ツッコミかというと、今日バイト中に女子高生から僕の行動にドンピシャ(タイミング、言葉、声のトーン、キレといい)のツッコミを受け、すげぇなぁと感じたのがきっかけ。
実生活では人の話に「そうなんやぁ」とか思い、それほど突っ込まないので、話を膨らませるような、突っ込まれて気持ちいいツッコミを探求してみよう!

足りない部分の穴を埋めてやる
欠けてる部分の穴に突っ込みたい
暗いところ火花を散らして暖めたい
スポンサーサイト
2005-04-29 02:36 | ハートは万華鏡 | Comment(0) | Trackback(0)
「一人でいるのと一人になるのは違うよなぁ」
↑のセリフは今月号のCookieのNANAという漫画に出てきたもので、納得というか「そうでなぁ」「分かる!!」と感じた。
NANAの中には心に染み込む言葉がいっぱいあって、「矢沢あいすげぇ」と怪獣の着ぐるみをきた人を思うことしばしば。

最近の変わったことといえば、ipod miniを買ったこと♪
CDプレーヤーが壊れて以来、そしてそれ以上の音楽にあふれた生活。
前から思っていたこと、音楽は心の呼吸。
ゆっくり息を吸うように、穏やかで、心地良くて、染み込むような静かな曲を聴きたいときもあれば、自分の心の奥からエネルギーを思いっきり吐き出すような明るく、暗く、激しく、強く、力が溢れるような曲を聴きたいときもある。
僕は両方好き。

スピッツは春にぴったりやなぁ。
そろそろレポートの時期でつらいっす。
取り掛かるまで、向き合うまでの時間が長いのが僕のいけないとこ。
日本中ゴールデンウィークでウキウキな人も多い中、APU生は脳内渋滞。。。
スムーズに目的地までついて、すっきりできますように★
2005-04-28 02:38 | ハートは万華鏡 | Comment(0) | Trackback(0)
コバルトブルーの風の中
一昨日ごろから風邪をひいたようで、熱が下がらず、頭痛もしていた。
昨夜は隣の部屋の新入生の履修登録のお手伝いを。
なんと彼三年もNZに留学してたのね!
英語で困ったときは彼に助けてもらおう。
ここ三日は風邪のせい?もあり、昼夜逆転生活でした。

で、今日がなんとTHE BACK HORNの産声チェインソーツアー大分公演@TOPSの日でした。
昨夜から太宰治(変換したら堕罪って出たwもしかしたらこれがペンネームの由来なのか?だとしたら分かる気がする)の「人間失格」と他短編を読みふけり、寝たのが昼すぎ。
その間風邪で体きついし、行くのやめようかとか、夢の中でもバイトでライブいけなくなったり、頭から離れんかった。
そんな浅い眠りから完全に目覚めたのが18時過ぎ。
ライブ開演は19時…。
シャワーを浴びて着替えて駅まで原チャで飛ばすが、間一髪で間に合わず。。。
次の電車待っていっても確実に間に合わん!
電車の時速何kmやろ?と一瞬考えつつ、原チャで大分まで行くことを決意。
別大国道をぶっ飛ばす!すっ飛ばす!
「俺たちは風の中で砕け散る ひとつになる」
電車で行くつもりだったので、厚着ではなく、少し寒かった。
10分遅れで到着するとすでに始まっていた。
客数は少なくないが、お客のフロアの空間には余裕があり、真ん中らへんに落ち着く。

もう、ボーカル山田の激しさに感じまくり!!
腕をブンブン振り回して体ねじったり、こんな動き見たとねぇよっち感じで。
MCはほぼドラムの松田で山田はあまりしゃべらず。
しかし、力がみなぎっていた。エネルギーを激しく発散していた。
これはエンターテイメントなんて考えの入る余地もない、まじりっけのない、緊張感のある全力の真剣勝負。そしてその溢れまくる本気の演奏と叫びがそのひと時の時間と空間を共有するファンに対する誠意のように感じた。

ふと、隣の女の子と見てみるとドクロの柄のバンダナを頭に巻いていた。
バックホーンとドクロ。
いや、バックホーンはドクロではない。
白い乾いた骨ではない。じゃ何?
内臓。肉。もっと赤くどろどろして、醜くくもあり、力や熱のあるもの。
骨も大切だけど、白い乾いた骨からはあまりにも味気ない。
血・内臓・筋肉。赤く醜く目をそむけたくなるそれらの方が「生」を感じる。
心臓オーケストラのジャケットのイメージもあるのだろうが、彼らの詩と音からは表面を取り繕ったのではなく、醜くもどうしようもなくとも生きること、生々しいほどの「生」のエネルギーを感じずにはいられない。
そんなことを考えながら、ベースの岡峰かっこいい~。あの弦を激しく弾く指で私の髪を優しくなでてくれたらとか乙女チックなことを考えてみたり(半分嘘)

「サニー」をやってくれたときは嬉しかったなぁ。
最後のキズナソングも最高やった!
「未来」と「涙がこぼれたら」を聞けたらよかったになぁ。
でも、大満足★★★★★

「誰もがみんな幸せなら歌なんて生まれないさ
だからこの世界よ もっと鮮やかな悲しみ染まれ」

「苦しくたってつらくったって誰にも話せないなら
あなたのその心を歌にして僕が歌ってあげるよ」

ここの歌詞分かるなぁ。
くるりの「World's end super nova」、ブルーハーツの「人にやさしく」ともつながってる感じがする。

しんけんかっこよかった!行ってよかった。感じれてよかった。
大分に来てくれてありがとうバックホーン!!また来て!

ライブ終了後にげんごに声を掛けられ、二人でガストへ。
げんごもバックホーン好きでバンドでコピーまでしたことあったとは知らんかった。。。観たかったなぁ。
げんごは初TOPSでフロアの狭さに驚いてた。
確かにこんな狭いハコで憧れの人を感じれるっちいいよね!
高校の同級生にも会い、当時はあまり話す機会はなかったけど、つながってるなぁと感じ、嬉しく思った。
ライブ行ったら熱も少し下がったし、少し前向きになれた気がする。
僕もっと聞きまくってもっとはまるけん、曲もいっぱい作って、また大分に来てくださいね。
2005-04-05 02:39 | だって純情どうしよう | Comment(0) | Trackback(0)
Go flat my brain.
今日は朝と夜バイトが入っていたので、昼寝をしたら…。
震度5くらいの地震が三回起こる夢と火災現場の夢を見た。

地震の夢は夢の中でも寝ている状態で「なんか揺れてるなぁ。地震かぁ。」と大して慌ててなかった。
しかし、火事を発見する場面はバイトしているホテルの窓から火柱と煙が見えて、
「火事や!!」と思い、よく見ると(不思議とめちゃくちゃズームして見えた)、
同じ職場のおばちゃんの市営住宅の付近で燃えていることが分かった。
気がつくと原付に乗って、その現場に向かっていた。
バイト中に抜け出したのか、バイト後だったのかは不明。
ところが、火災現場は市営住宅の近くの中学校だった。
そして、ほとんどの中学生が避難し終えたころに、燃え盛る校舎のすぐ側でぼうっと眺めている男子がいた。
「こらお前何やってるんだ!早く逃げろ!」と正義感丸出しでラグビーのタックルみたいに強引に連れ戻す。
その子とグラウンド中央まで避難した僕は燃え続ける校舎を眺めていた。
ここでお終い。

自分の中の野次馬根性とちっぽけな正義感を見ることができた。
地震と火事…。何かの暗示か深層心理の表れなのだろうか。知りてぇ~。

目が覚めて、新しく隣に引っ越してきた新入生にメールで「今日地震あった?」と聞くと、「多分ないと思う。」と来た。
多分ってあんた!と思いつつ、夢であることを確認。
何よこの災害特集は!
明日は津波と隕石か?
夢の中ならなんでもいいんやけど。
今は現実で精神的にしんけん参っちょんにぃ。
もしや…自分の精神状態を地震と火事が表してるのか?

という訳で自己診断を始めます。
「メス。…これはやっかいだぞ。ピノコ!ガーゼ!脈拍は!?」
「あっちょんぶりけ!!」
冗談はこのくらいで。
少し客観的に書いてよう。
それでは先生お願いします。
はい。まず、夢の中で地震をあなたは体感しました。
しかし、気にも留めず昼寝を続けたということですが、
この場合の地震はあなたの現実生活の危機的状況であり、それに気づいていながら、
慌てない、危機から逃れようとしないということは、実際に危機感や備え、計画性がないことを表しているといえます。
次に、火災現場を発見し、そこに行き、少年を助けるという夢です。
この夢から考えられることは、あなたは好奇心が強く、いろいろなことを体験したいと思っています。
それが、危険を伴う火災現場(自分の手に及ばないこと、困難なこと)にまで興味本位で近づいていきます。
そして、自分は安全だ(自分にはできる、なんとかなる)と考えています。
もちろん火災現場に行ったからといって、あなたが鎮火することはできません。
しかし、傍観者のつもりでありながら、危険な状況にある少年を助けずにはいられない少しの正義感と行動力を持っています。
あなたはその少しの正義感と行動力を持っていますが、基本的には傍観者の立場にいることに安心します。
しかし、どうにでもなれと割り切れず見捨てられず、苦しむみます。
それゆえ、物事に中途半端に手を出し、少しの成果で自己満足しますが、火を消す側にならない、問題解決や責任から逃れたいのではないでしょうか?
二つの夢を総合して判断しますと、あなたは前々から自分の危機的状況に気づいていたが、見過ごし、
さらに自分が始めたことを最後までやり遂げることができず、責任や課題を果たせずにいる、ということでしょうか。
しかし、あなたは自分でそのことを十分に分かっています。
あなたが問題と向き合い、決断と行動がきちんとできれば、あなたの不安も解消されるでしょう。

すげぇ~。本当にこの夢が精神状態を表しているようではないか。しかもなんと的確な診断&アドバイス!
カウンセラーになろうか。といっても、自分のことやけん、自分でよく分かってるもんな。
分かってるけど、できてないだけ。

Go flat my brain…Don't yell at me.
Don't yell at me…Don't overdo it.
You can't know to much about life.
Spring is here again.
Tender age in bloom.
I wanna just go my way.
just do it.
Yes, without a doubt.
I'm lift standing here.
I've got nothing to say.
All is silent with in my dream….
Please listen to the wind…Sound strange,
Today is my day.
Now I've got it.
I don't mind if I don't have a mind.
Spring is here again.
Tender age in bloom.
I wanna go my way.
Just do it.
Yes, without a doubt.

                AIR "Doubt"
2005-04-03 02:40 | 思考回路はショート寸前 | Comment(0) | Trackback(0)
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。