スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
放無亜論~過去最も面白くない日記~
気づけばもう明日で今年も終わってしまう。
ほんと意識しなさすぎて、突然寂しくなった。
2004年が終わるということが寂しいのではなく、
一人で新年を迎えるということを寂しく感じてきた。
自分は寂しがり屋ではないと思っちょったに。
明日もバイト明後日もバイト。
バイト仲間と新年を迎えようか。
でも、朝のバイトが入っちょりそうやし。。。
とりあえず、明日はPRIDEを録画しちょこう。
K-1は弟に録画してもらって、いつか見よう。
年末のテレビ番組も芸人いっぱい出ちょんなぁ。
ほんとお笑いブームやね。
天気予報では明日大分県に雪が降るかもしれんっち。
ユニコーンの『雪の降る街』を聴く。
年末と言えるのも明日まで。
寂しい。寂死。さみぃし。

LastDanceに乾杯。
スポンサーサイト
2004-12-30 02:43 | ハートは万華鏡 | Comment(0) | Trackback(0)
We love Chocolate!!!!
『この前、冷蔵庫の電気代が無駄かと思って、温度調節ツマミを弱より低くしていたら、数日後、中から異臭、冷凍庫のモノが完全に解凍していた、トシです。』


『チョコレート・アンダーグラウンド』
簡単に内容を言うと「もし、法律でチョコレートや甘いものが禁止されたら?」という感じの本です。
友達が紹介していたこの本を、チョコレート大好きっ子の僕避けて通れる訳がない。

ケーキ屋に入っても、気になるのはチョコケーキ。
パン屋に入っても気になるのは、チョコココロネ。
コンビニのアイスクリームの中でも気になるのはチョコ系と抹茶系。。。
No chocolate, No life.
I'm chocaholic man.

ってな訳で今日読み終えました!
面白かった!
500ページくらいあるけど、すいすい読めます。
しかも、文字が黒じゃなくて、チョコ色で印刷してあるんです!
チョコ食べながら読みたくなり、チョコを食べれる喜びを感じます。

うまく感想をいえないので、興味のある人、チョコホリックな人は読んでみて~。

そして今日、再びガンガンに冷やした冷凍庫の中のチョコアイスを食べようとしたら…。
一度、ドロドロに溶けてたのを再凍結させたせいで、ビターチョコとミルクチョコが上下に分離してた。。。

まずっ!!
2004-12-29 02:45 | だって純情どうしよう | Comment(0) | Trackback(0)
アヘオネス。トマト丸かじりしたい。
今、スルメをつまみに芋焼酎黒霧島を飲んでいる。
バイト帰りに買ってきたスネオヘアーの『フォーク』を聴きながら。
焼酎にスルメ。
おっさん臭いかもしれんけど、悪くない。
チューハイは悪酔いすると言われるのが分かった気がする。
いい感じにほろ酔い。

かのZAZEN BOYSの向井秀徳は「下町のナポレオン いいちこ」を好んでいるようで、大分県人として、非常にうれしく思う。

あんたもナポレオンのようやね。
自分の頭の中に揺ぎ無い信念と展開と音を持っている。
そのための妥協は許さない。
その結果のアヒトの脱退。

NUMBER GIRLの解散も悲しかったが、その後のZAZEN BOYSの狂った振動を知ってしまった今では、それさえも無くなりそうで、さらに悲しい。
消えかけたと思われた炎が再び激しく燃え上がったのに。

アヒトがいないZAZENは向井のワンマンバンドになるのか。
才能と才能の融合が想像不可能の爆発を創造する。
と、同時に強い才能同士では共存できないのか。
こうなったら、とことん向井に付いて行く。
NUMBER GIRL解散後のZAZENへの期待のように、これからのZAZENにさらなる期待を抱く。
あんたの思想と音に不可能はないやろう。

俺はつくづく自分をタイミングの悪い男やと思う。
チャンスのときに、悩んで、迷って、行動できなかったり。
またある時には何も考えずにあっさりそれをできたり。
そんな大きな決断、行動ではなく、ちょっとしたことなんやけどね。
ただの優柔不断やね。

有銃普段なアメリカ人?
そういえば、この前ボウリングしたら…
最高スコア:100
最低スコア:64
3ゲーム中ストライク、一回。
久しぶりだからっちいっても、低すぎるなぁ。
小学生の時が俺の全盛期やったんかぇ。。
野球やったらストライクばっかりなんやけどね。
もちろんバッターでw


みっともない程愛しいのは
不器用なまでのストライクで
きっと誰も笑えはしないだろう
深く胸の奥叩く様な
エール続くよ
             スネオヘアー『ストライク』
2004-12-29 02:44 | ハートは万華鏡 | Comment(0) | Trackback(0)
Life is waiting. What are you waiting for?
我去大分和女朋友看電影。

はい!今日は早起き(朝9時…)して『エイリアンVSプレデター(AVP)』と『ターミナル』を観ました!

AVPはしんけん面白かった!ドキドキバクバク!!
観る前の予想では、プレデターは武器いっぱい持ってし、透明になれるから、プレデターの方が強いだろう。でも、エイリアンは無数にいそうだからなぁ。と若干プレデター有利だと思っていた。
が、あら大変!エイリアンの体液で武器溶けよんやん!
ネタばれしそうなので、この辺で。。。
映画を観ながら、身動きひとつせず、最後まで固まってたのは初めてやわぁ!
「最近興奮してねぇなぁ」という人は観てみて!
お勧めデス。

午後からは『ターミナル』
前に、『2046』を観たときの予告編で流れており、予告編なのに涙ウルルンになってたので、絶対見ようと決めてました。

トム・ハンクスが演じる、ビクター・ナボルスキーが東欧の国からニューヨークの空港に到着するが、彼の祖国でクーデターが置き、無国籍ということで、空港内にとどまることになるという話です。もちろん、その間にいろいろあるのですが。

観終わった直後の感想
「は~とうぉーみんぐ」
「あったけぇ」
「俺も空港で生活できるかな?してみてぇ!」
っち感じでした。
ちょっと涙出ました。
心温まる感動を求めるなら、この映画を!
ほんといい映画やけん、観てみて!

人生は待つことだ。
誰でも何かを待っている。
あなたは何を待っているの?
楽しみながら、待ちましょうよ。
2004-12-28 02:45 | だって純情どうしよう | Comment(0) | Trackback(0)
so sweet
遅ればせながら買ったBEAT CRUSASDERSの新譜を聞くことで、彼は曇天と寒さに耐えることができる。
「深夜2時以降のテレビショッピングの番組は効果あるのだろうか?いかにも家庭モノ、年配者向けのモノが多い気がするが、こんな時間に起きているのは若者ぐらいだろうと思えてならない。」
彼はビークルのリズムに合わせ、白い原付のスピードをあげた。

昨日。

彼女からのメールが来たのは、授業中、グループワークの真っ只中だった。
頭痛と吐き気がひどく気分が悪いそうだ。
そういえば、朝起きたときもそう言っていた。
心配になり、一服しながら休憩中に電話をかける。
周りの声が騒がしい。
「マジで本気でしんけんヤバかったら救急車呼ぶんで!授業終わったらすぐ行くけん!」と伝える。
同じ意味のこと何回言ってるんだよと後で恥ずかしく感じた。

授業が終わり、急いで大学生協でポカリとお粥を買う。
「風邪=ポカリと思ってしまう自分は大塚戦略にはまっているのだろうか?」と彼は感じながら原付で坂を下る。
彼女のマンションに着く。
彼女の部屋まで駆け上がる。
鍵のかかったドアを気にせず、インターホンを押す。
何度押しても返事はない。
熟睡してるかもと思い、電話しようと携帯を手に取る。
彼女の居場所を知らせる新着メールが15分前に届いていた・・・。

彼は再び原付に乗り駆け出した。
その病院へは一度友達の見舞いで行ったので、迷うことはなかった。

病院に到着し、受付の場所を聞く。
ドアを開ける。男がいる。男の前に窓口があるのがわかり、慌てて窓口に向かう。
「彼女がどの部屋に入院しているのか分かりますか」
「今はまだ診察していて、入院するかどうか分からないので、ロビーでお待ちください。」
思ったよりも親切な対応に安堵し、彼はテレビの前の番号のついた一番後ろの列のソファに座る。
彼女からのメールからはかなり時間が経っていた。

そのとき、移動ベッドがロビーを横切った。
見覚えのある黒い服を彼の目は捉えた。
・・・彼女だ!
彼は駆け寄り、彼女の名前を呼ぶ。
「友達の方ですか?」と付き添いの看護士。
「はい」と答える彼。
・・・恋人ですと答えるべきだったのか?しかし今はそんなことどうでもいい。
彼女は彼の名前を呼ぶ。
かぼそく弱っている声に彼はそれ以上何も聞かず「待ってるから」と告げ、急診室へと見送った。
救急車からそのまま手術室へ向かうドラマのような場面。
・・・彼女がどういう状態なのか気になるが、今は治療が先だ。

テレビでは火曜夜七時の番組が始まる。
時々後ろの急診室のドアが開く度振り返るが、看護士や医者や風邪を引いた子ども連れの親の出入りだけ。
なかなか彼女は出てこない。
・・・治療に時間がかかっているのか?手術?
大ヒットした白血病の少女と少年の物語を思い出さずにはいられない。
彼の頭のなかには先ほどのリアルなドラマの続きが映し出される。
・・・まだ会ったことのない彼女の両親。位牌。オーストラリアの海。
涙が滲み出る。最悪の想像をしてしまう自分を恥じた。
そう思いながらも、テレビ番組に笑ってしまう自分をさらに恥じた。

時間外患者が入れ替わる急診室を振り返りながら、彼はテレビを見ていた。
彼女が急診室に入ってから1時間半は過ぎただろうか。
彼はようやく気づいた。
・・・点滴を受けながら眠っているのだろう。何があったのかは分からないが無事なら。

彼女が急診室から出てきたのはそれから30分後だった。
苦しそうに彼に身を寄せる彼女。
彼女は流行の熱と頭痛がひどい風邪だった。
彼は彼女が重い病気でなく風邪であることに安心し、優しく髪をなでた。

「心配かけてごめん、迷惑かけてごめん。ありがとう。」と彼女は言う。
「いいよ」と彼は言う。
・・・迷惑なんて感じたりはしない。心配したけど、大切な人だから心配するんだよ。
   心配は迷惑なことでもなく、愛情なんだよ。
彼はそう言おうとしたが、言えなかった。
彼が逆の立場でも同じように心配かけたことを申し訳なく思うと分かっていたから。

病院の外の空気は冷たかったが、彼には心地良い気がした。
バスを待ちながら寒がる彼女。まだまだ気分は悪い。
オリオン座を見つけ、彼女のそばに寄る彼。
・・・そばにいるから。何もできないかもしれないけど。俺がいるから。

彼女の乗ったバスを見送った彼は駐輪場へ歩き、白い原付にキーを差し込む。
彼女のマンションへ向かうため、エンジンをかけると同時に
ある言葉を思い出した。
その言葉を繰り返しながら進む。

「大切な人を、大切に」
2004-12-23 02:46 | +2愛 | Comment(0) | Trackback(0)
OMOIDE IN MY HEAD
友達のblogからZAZEN BOYSのドラムス、アヒト・イナザワの脱退を知って、しんけん悲しかった。
しかし、その友達のblogを読んでいるうちに、悲しさは薄れていった。
「ほんと、うまい文章書くな~」、「その本読んでみてぇ!」「そのCD聴きてぇ!」「さすが俺の惚れた男やわ~」などと感じ、気を持ち直したところで寝ようとした。

寝ようと思ったが、この前考えていたことが頭をめぐり、出口に近づいてきた。

3日の日記で、「味や香りは思い出せるものなのか?」と書いた。
味や香りは思い出しにくいし、思い出せても鮮明ではなく、あやふやだと思っていた。
「見たこと、聞いたことは鮮明に思い出せるのはなぜか?」と考えた。

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚
<五感と記憶>

最初に考えたこと
嗅覚の記憶はなぜ曖昧か?
>形がない。見たもの、触ったものは形や色があるから思い出せる。味は形は無いが、料理の見た目から連想される。しかし、そうなると料理の見た目から匂いも連想されるということになるのではないか?視覚の力が大きいからそれに付随した記憶ということだろうか?

次に考えたこと
感じた回数や頻度によって、思い出しやすさが違うのか?
>食べ物や料理の味や香りは継続的ではないからか?普段食べない豪華な料理、外国で食べた料理の味や香りは、それを感じる回数が少ないから記憶として定着しない。ではいつも食べているものでは?しかし、毎日同じものを食べているわけではない。頻度が少ないから定着しない。
>好きな曲はしばらく聴いていなくても、声、リズム、音まではっきりと思い出せる。しかし、それまでに何回も何回も聴いていたからという回数によって定着したのだろう。

ん~いまいち納得できない。
比較的思い出しやすい視覚、聴覚、触覚と思い出しにくいと考える味覚、嗅覚の違いは?
>形があるものと形がないもの。でも音に形はない。歌っている人やCDジャケットとして形はある。時計の秒針の音も時計という形からイメージが沸いてくる。モノや形の無いところから音は出ないような気がする。しかし、それは味や匂いにもいえる。

そ・し・て

ひらめいたこと
カメラ!ビデオカメラ!録音機!
内面と外面!

人間の記憶も上の機械と同じやん!味や香りを保存する機械はない!
視覚はカメラやビデオカメラ。
聴覚は録音機、レコーダー。
でも、触覚、味覚、嗅覚に相当する機械は無い!なんで!?
というよりも作れない!!!
なぜなら!!
触覚、味覚、嗅覚は同じものを体験しても人それぞれによって感じ方は違う!!!
すべての人が全く同じ様には感じない!!
それを言ったら、「同じものを見て同じ音を聞いても、みんながみんな同じように感じるとは言えないじゃん!」
というツッコミも考えましたよ。対策バッチリです!

視覚、聴覚、触覚から得る情報は「事実」ということ。
それをその人どう感じるかはその人次第。

例えば、
信号機の色。赤、黄色、そしてもうひとつの色を「青」か「緑」かどっちに見えようが、その色がそこにある事実!
こんにゃくを触ってみて、「ぐにゅぐにゅで柔らかい」と感じても「弾力性があって硬い」と感じても、それは同じこんにゃくだという事実!!
犬の鳴き声が「ワンワン」と聞こえても、「バウワウ」と聞こえても、そこにあるのは変わらない音という事実!!

そう、自分の外面にある事実。

それに対し、味覚や嗅覚は自分の内面的なものであるということ。

同じモノを食べても「おいしい」と感じる人もいれば、「おいしくない」と感じる人もいる。
同じ食べ物、がそこにあるという事実は変わらないが、味や香りはそれを自分が体験するまではモノには存在しない。
味や香りが他の外面的な感覚からの情報と違う点は、自分自身で感じることによってのみ発生する内面的なものだということ。

「とうがらしにはカプサイシンという成分が含まれている事実があって、人間は誰でもそれを辛いと感じるんだよ。」とツッコミが入るかもしれないが、もちろん人間全体に共通する味覚や嗅覚の反応もあるかもしれない。しかし、味、香りの感じ方、反応は固体別で、その人の属する文化、習慣、体質、嗜好などによって違うと思う。

<結論>
視覚、聴覚、触覚は外面の事実の情報をそのまま伝える。
ここまでは誰であろうと完全に同じで、それを記憶する。その後どう判断するかはその人次第。
しかし、味覚、嗅覚からの情報は事実(そこにあるモノ)はあるが、味や香りに全員一致の絶対的な事実はなく、自分が感じたときに残る内面の感覚の情報だけを記憶する。
視覚、聴覚、触覚が鮮明に記憶できるのは外面の事実(そこにある物事)という正確な情報があるからで、味覚、嗅覚の記憶が曖昧なのは、自分の内面から発せられた漠然とした印象に近い情報をもとにしているからである。
さらに、視覚、聴覚、触覚と比べ、味覚や嗅覚は人間にとって生存するうえでの必要性が低く、前者に比べ発達していないので、それに伴う脳内の記憶装置も発達していないと考えられる。
味や香りはほんの一時的なものであって、同じものを感じる回数や頻度も少ないことから記憶としての定着性も小さく、それを思い出す機会も少ない。
味や香りを思い出そうとしても漠然とは感じるが鮮明には思い出せない理由を私は以上のように考える。

おおおおおおおおおお!!!!
レポートみたいやん!!!
全部自分で考えました!
引用、参考など一切してません。
間違っちょんかもしれんけど、足りないとこ、つっこまれるとこもいっぱいあるかもしれんけど、俺すげー。
よくがんばった!My Brain!
なんか成し遂げた気分やぁ。
久々にしんけん考えたなぁ。
自己満足。すっきりんこ♪
2004-12-19 02:47 | 思考回路はショート寸前 | Comment(0) | Trackback(0)
EIGA SICK & MANGA SICK
この前の6日の日記で「牛乳は懐かしい味」等と書き、
牛乳の思い出を思い出しながら牛乳を飲みまくっていました。
~~~~~~~~~牛乳の思い出~~~~~~~~~
・幼稚園の時に友達が給食のフルーツ入りヨーグルトを食べて吐いた←牛乳やねぇやん!!
・小学校の時、弟がごはんに牛乳をかけて食べたことがあった。まずかったらしい。
・小学校の時、給食の余ったパンをみんなで、教室のベランダから海をめがけて投げあいの競争をしていた。
・中学の時、給食の余った牛乳パックを配膳台の引き出しの中に隠して(放置して)いたこと。そして、先生にばれて怒られ、どろどろ&異臭の液体をうわうわ言いながら手洗い場に流したこと。
・アメリカの牛乳パック(むしろボトル)がでかかったこと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そんなことを思い出しながら、がぶ飲みミルクをしていたら
翌々日、おなか下しました(笑)
原因が牛乳だと気づくまでに1時間くらいかかった。

そして、先日ほとんどモノが入ってなく、電気代が無駄ではないのかという冷蔵庫から8月から放置していた牛乳パックの中を見てみると・・・。
黒くなってました。
匂いはカビくさかった。
カビはどこから来るのか不思議だなぁと改めて感じた。

最近、毎晩映画を観ています。
大学入学前は「いっぱい映画観るぞ!大谷伸彦(ダイノジ)のお勧め全部観ちゃん!!」と思っていたのですが、めんどくさがりなので全くビデオ借りてませんでした。
ようやくカードを作り、いざ鑑賞!!
<観た映画と一言感想>
「半落ち」・・・感動。涙ぼろぼろ。愛する人を自分の手で殺せるか?
「スパイダーマン2」・・・1の話をちゃんと進展させてる。打ち明けることができて良かった!
「バトル・ロワイアル2」・・・現実のテロリスト側にも思いを寄せた。
「今を生きる」・・・カーぺ・ディウム。あんな先生いたらいい。自殺した子の気持ちを身近に感じた。夢、葛藤、友達、青春。
「リリィ・シュシュのすべて」・・・疑問が残るが、現実ではいじめっことその手下がお互い知らずにチャットの中では好意的だったのが皮肉に感じた。
「ハッピー・フューネラル」・・・中国映画。話の内容はたいしたことないけど、なんか好き。ちょっと笑える。雰囲気が好きなんかな。

こんなとこです。
今借りてる映画、「トレイン・スポッティング」「ボーリング・フォー・コロンバイン」。
早く観て返さんと!

そして、彼女から漫画を借りました。
「ヤマトナデシコ七変化」(はやかわともこ)
「働きマン」(安野モヨコ)
安野モヨコの漫画好き。

さーて漫画読もー♪

最後に

最近のうれしいこと
弟が東京の大学に合格☆

最近のかなしいこと
コンタクトレンズを片一方なくしたこと。
しばらく度の弱いメガネ生活。。。

チーン。
2004-12-17 02:48 | だって純情どうしよう | Comment(0) | Trackback(0)
季節と季節の変わり目に恋をする少女だったときもあった。
今朝7時から昼までバイトをし、その帰りにスーパーへ買い物に行った。
夫婦で、家族のために買い物する主婦でスーパーはにぎわっていた。
にぎやかなその中でなぜか寂しくなった。
孤独な感じがした。
アイスクリームの試食販売をする女の子。
草薙剛がCMしているあのアイス。
「やっぱり冬にアイスは売れませんよねぇ」と店員さんと話す。
俺は冬でもアイス食うぞ!とひとつ購入。
「ありがとうございました」と女の子の声を背中で受ける。
なかなか売れずに困っていたのと、四割引だったから。
スーパーを出て帰路へ。
いつもと違う道に入ったらだいぶ遠回りをしたが、
それでもいいと思った。
音楽を聴きながら原付乗っていたかった。
部屋に帰るともっと寂しくなりそうな気がして。

部屋に帰り、寝る。
風邪を引いていたのと前日の寝不足、バイトの疲れですぐに眠りにつく。
友達んちで映画上映会があったが、いけなかった。
「僕の彼女を紹介します」見たかったなぁ。
「シルミド」もかなり良いらしい。
いつか見てぇー!

夜9時過ぎに起きる。
高校のときの親友から、10時からの番組でミスチルの桜井和寿のap bankの特集があると聞く。
じゅんぺい大好き☆教えてくれてありがと!
もちろん、その番組を見た。
最近僕が考えていた環境問題と個人でできること、環境、未来の世代を想うことなどが、わかったような気がした。
音楽で成功しお金に余裕があるから、そんなことできるんだという意見もある。
僕も少しそう思う。
しかし、それでもそういった活動をすることは尊敬できる。

ここで少し"ap bank"について紹介。
「櫻井和寿、小林武史、坂本龍一の3人が拠出した資金を、自然エネルギー、省エネルギー、環境に関するさまざまなプロジェクトに融資する機関です。金利は1%、運営資金も自分たちで拠出する非営利組織です。
私たちは、今、世の中で使われているエネルギーを自然エネルギーに代替することは決して無理なことではないと考えています。また、みんなが地球のこと、自分たちの身の回りの社会のことを考えるようになれば、もっと暮らしやすい、居心地のいい未来が開けてくると信じているのです。
その未来のトビラを開いてくれるアイデアやプロジェクトを応援し、同時に、そのアイデアが生み出していく可能性をもっと知りたくて「ap bank」をつくりました。」

以上、ap bank HPより抜粋 http://www.apbank.jp/

apとは"artist power"の略。
その活動とあわせて桜井を中心に結成されたbank bandのライブ映像の中で、桜井和寿はこのように語っていた。

「僕がこのap bankの活動をいても僕には何のメリットもないけれど、この活動が次の世代、未来の環境につながっていくこと、そしてよりよい環境を目指す人たちの活動に関わっていくことを楽しく感じる。自分にメリット全くないけど、とても楽しんでいる自分がいる。」

正確には覚えてないが、こう語っていて心に残った。
一人一人が個人の生活の中で環境改善に取り組むことは、その人にとっては何のメリットもないだろう。ゴミを減らすようにする、節電、節水などの心掛けても、実際の日本や世界中の環境悪化には焼け石に水のようだと僕は思っていた。
僕は今の生活の便利さを捨てて、環境保護に取り組むことはできないと思う。
でも、誰もが、自分の便利さも保ちつつ、無駄を省いたり、日ごろから環境改善のためにできることがあると思う。
焼け石にちょっとずつでも、ずっと水をかけていけば無駄ではないはずだ。
その小さな小さな心がけが広がり、大きな流れとなり、企業や政府も巻き込む流れ、今の世界の環境悪化をくいとめる流れになることを期待する。
自分にメリットがなくても、環境のため、未来の子孫たちのために、自分がほんの些細なことでも、それらを意識して生活する、そしてそれを「楽しい」「うれしい(?)」と感じる気持ちが大切で、そう思う人が増えたら、環境の状況は少しでも変わっていくのではないだろうか。自分一人が意識して生活しても無駄だという気持ちがなくなり、できることはしようとみんなが思ったらいいなと、今日の特集を見て感じました。

僕は経済活動と環境対策は相反するものではないかと考える。
森林保護を目指せば、林業で生活している人の職が不安定になるかもしれない。
しかし、このままではいけない。

普段気づきにくい環境問題やそれに対する取り組みを、Artist Power、音楽だからこそ、世間に伝え心に残すことができる、この活動を僕は支持し、もっと多くの人に環境問題に気づかせてほしい。

音楽や詩は心を動かす。
心は人を動かす。
人が動けば、何かが変わる。
2004-12-12 02:49 | 思考回路はショート寸前 | Comment(0) | Trackback(0)
「大分元気っ子」やったっけ?
今日、バイト帰りにコンビニで牛乳とポテチと麦チョコを買って帰った。

牛乳はいつものようにコーヒーに入れるため。

家に帰りポテチと麦チョコを食べ終え、コンビニの袋を見た。

ストローがついていた。

ストローを牛乳パックに挿して飲んだ。

中学の給食の時を思い出した。

牛乳のおいしさを思い出した。

なんか懐かしかった。

実家にいたころは毎日牛乳を飲んでいた。

身長は高くならなかったが、歯医者で歯を抜くときに「歯の根が強くてなかなか抜けなかったよ。」と言われたこともあった。

牛乳1L 198円、コーラ1,5L 198円。

僕は迷わずコーラを買う炭酸少年になっていた。

その結果、虫歯の治療費にお金を使うことになった。

炭酸飲料とチョコは大好きだ。

一生変わらないと思う。

これからは牛乳をもっと飲みたいと思った。

牛乳は懐かしい思い出。
2004-12-06 02:50 | ハートは万華鏡 | Comment(0) | Trackback(0)
カレーの歌
とても小さな窓のそばで
僕らは凍える
笑顔のままで
カレーの香りは君と同じで
やさしくて小さくて
忘れてしまいそう
               くるり 「カレーの歌」より

先日、彼女がカレーを作ってくれました!
おいしかったー☆ありがとう!
たまに食べたくなるカレー。
一人暮らし&めんどくさがりな僕は
野菜を切って煮込むちゃんとしたカレーを久しく食べていませんでした。
たまに食べてもレトルトです。
おかげで、別府の九州横断道路のあるうどん屋で食べたカレーがレトルトであるとわかりました。
うどん屋ならではのだしとか使った特製カレーを期待していたのに・・・。
そんなことは関係ないのですが、手作りのカレーっていいね!
なんか優しい気がする。
そうそう、宇佐にある「ポカラ」という店のカレーがしんけんおいしいと友達に聞きました。
友達やその先輩も「今まで食べたカレーの中で一番うまい」と言うほどなので一度は行きたいです。
遠いけど。。。

味や香りは忘れないものなのか?思い出せるのか?
思い出せるようだけど、実感できないような気がします。
思い出すという時点でそのことを忘れているということ?
忘れるということは、思い出そうとしても思い出せないことか。

くるりの「TEAM ROCK」というアルバムの「カレーの歌」の次に「永遠」という曲を並べた意味がなんとなく分かった気がしました。

冬に聞きたくなる曲
◆くるり 「カレーの歌」
◆THE BACK HORN 「未来」 
◆BUMP OF CHICKEN 「スノースマイル」
◆BUMP OF CHICKEN 「天体観測」
◆ジングルベル 
◆Mr.Children 「君が好き」
◆BLANKY JET CITY 「小さな恋のメロディ」
◆GO!GO!7188 「こいのうた」 
◆TRF 「寒い夜だから」
◆DRAGON ASH 「百合の咲く場所で」 
◆小沢健二 「痛快ウキウキ通り」
◆小沢健二 「強い気持ち 強い愛」
◆SMAP 「夜空の向こう」

しんみりしてきたので、おやすみなさい。
2004-12-04 02:51 | だって純情どうしよう | Comment(0) | Trackback(0)
12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。