スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
それが(フォークでなく)スプーンというやさしさ
なぜか正座させられてる俺。その後ろには、右手にスプーンを握り締め、仁王立ちになっているあゆみ。
「あのときのことを答えろって言ってんだろっ!!」って、あゆみは何度も怒鳴りながら俺の頭にスプーンをガシガシ刺す。
『あのとき』がいつのどのことなのか全く分からないまま、スプーンでガシガシされ続けてると、頭にスプーンが突き刺さって立つようになった。このままいくと、脳みそほじられるなと思ったところで、脳が刺激されたのか『あのとき』が何なのか、ひらめいた。
問いかけを共有できたこと、解放される可能性が見えたことに、うれしく思った。しかし、その当時の状況に、なんとなくは心当たりがあるがはっきり覚えていない。一年前のことであるし、自分にはあまり関係ないと思って、それほど気に止めてなかったから。
どうしよう。「どっちか分からないですが、こっちかこっちみたいな状況でした」なんて、曖昧なこと言ったら、余計に怒らせてしまいそうで言えないし、でも何も言わないとこのままスプーンで頭ガシガシ刺されるのが終わらないし、どうしよう。
っていう夢をみました。
あゆみマジで怖かったっす。
夢で良かった。
この恐怖感どうしてくれんねんと思い、筆を執らせてもらいました。
おはよう。元気にしてる?
僕は今朝の夢に比べると、刺激は少ないけど、平和な日常を送ってるなぁと実感させられました。
何げない日常に感謝する気持ちを教えてくれて、ありがとう。
夢の中でも穏やかな気持ちになれるように、もう一度寝ます。
おやすみ。
スポンサーサイト
2010-03-22 06:11 | +2愛 | Comment(0) | Trackback(0)
You are the champion
You are the champion

いろんなラブソングが耳に入るたび、思い浮かぶのはあなた
「あなた」も「キミ」も「あの人」も階級は違えどあなたが三冠
ずっと防衛してる あなたの強さを嫌という程思い知ってる
僕の「あなた」の座を奪ってくれる挑戦者募集中

求めよ、さらば与えられん
って、どちらも勝ちたいに決まってる
『無敵のチャンピオン防衛』と『新チャンピオン誕生』で観客の期待が揺れる
どちらかに傾いた時に、カウンターが入るのかもしれない

始まりと終わりを告げる鐘の声
あと何回同じように聞こえるだろうか



この前、中学の先輩と10年ぶりぐらいに再会して、飲みました。
まるっと忘れてた中学の思い出を取り戻しました。
久々なのに、当時つるんでたときと同じような安心感、無敵感を感じました。
このメンバーと会えたことに、感謝しています。

めちゃモン活動再開です。
再び、青春を感じれそうです。
絶対今からいいことある気がします。

あとーんす!

2008-12-30 22:22 | +2愛 | Comment(0) | Trackback(0)
オールアバウトマイサマー
夏休みの宿題といえば、日記と工作と夏の友。

夏やし、何か遊びたい、何か作りたいと日記を書き、工作(画像)をし、友との思い出を作ってました。夏の暑さと余韻が残ってるうちに、ここで提出。


『オールアバウトマイサマー』(思いっきりまんまですが)
オールアバウトマイサマー



【8月1日】金

24歳の誕生日。
お祝いメッセージをくれたみなさん、ありがとう☆
あ、そうだったの?おめでとうでした!ってみなさんもありがとう☆
「人として日々進歩する努力を怠らぬよう 友達を大事に 人生を楽しむこと」from dad
中島みゆき『誕生』の歌詞 from M
感謝です。
マジで、ライフプランを考えなあかんけど、
とりあえずは、明るく素直に元気良くやっていきます!
誕生日なんて関係ねぇよ的勢いで、いつも以上に遅くまで仕事をする。
誕生日なんかより、全ては来週の再会のために!
おららー!と頑張り、帰宅すると、自宅玄関の取手に観葉植物と誕生日おめでとうのメッセージ。
どんだけいい人やねんと感謝。
その後車を飛ばして日田入り。
ノブさんちに泊めてもらい、プチケーキでお祝い。
ありがとうございます。


【8月2日】土

ドォーモの夏祭りin天ケ瀬にボランティアスタッフで参加。
美子ちゃんやら、いつもテレビで見てたドォーモスタッフと接近&一緒に写メ撮ってもらったり、にやけっぱなしでした。

ステージ企画のサポートしたり、交通整理したり、メイン会場から隔離された「川の家」という名の休憩所兼つり体験コーナーを任せられて、子どもと魚つりしたりしてました。
来場者に楽しんでもらって笑顔をもらって、駆け回りながらも楽しくてしようがないのが、イベントの裏方。この懐かしい感覚にニヤケながら、動きまくる。しんけん日焼けしたけど!!

ただひとつ残念なことが、メイン企画の一つの流しそうめん。
1000人分の流しそうめんをやっちゃおうぜ!的な企画だったが、悲惨やった。

準備が早すぎたか、人員整理に時間かかりすぎかで、そうめんがのびのびで、箸ですくおうとしても、ぶちぶち切れる。
さらに、流れる水の量と一度に流すそうめんの量が多くて、終盤でコースから脱落する大量のそうめん。
来場者はみんな出店でお昼御飯食べ終えた後で、「お腹いっぱいだけど、メイン企画やし、ちょっと食っとく?」ぐらいの気持ちで、箸にもかからずそのまま最終地点のネットにゴールインする大量のそうめん。
そのゴール地点で駆け抜けたそうめんたちを残飯用ネットで受け止める俺。

普通流しそうめんの世界でいうなら、1000人のランナーがいても、ゴールまで到達するのってほんの一握りやん?しかも、かなり食べる客いるなら、なおさら。
それが、予想外にみんなしてゴールしちゃうもんだから、ゴール係のスタッフらは焦ったよ!

目の前で、食べ物から食べれないものにドロップアウトしていくそうめんを俺はどうすることもできずに、見殺しにする。
両手で持つネットの重さに堪えながら、「みんな取って!すくって(救って)あげて!」と声をあげつつ、スタート地点でそうめんを流すスタッフを睨む。

「もったいないねぇ」「のびてて美味しくない」という来場者に
「いやぁ、なんかうまいこといかなくてすいません。これはほんとにいけませんね。」なんて返しながら、
いっぱいになったネットのそうめんをゴミ袋に移して、次のゴールランナーを待つ。
真夏の日差しの下、茶色い地面にそうめんの白が映える。楽しい祭の中で食べ物がどんどん祖末にされていく。そんな絵は見せたらあかんやろ。
せつなかった。

そうめん流しのプロなんてそらおらんし、リハーサルしてたんかしらんけど、こういう大きいプロジェクトは本番そのままのリハーサルなんてできんし、事前にうまくいってても本番は違うってのも分かるけど、これはあかんやろ。
流れを上から見て指示するだけやなくて、下から見て状況判断、修正できる(権限のある)スタッフがおればもうちょい違ったんやないかなぁとちょっと思った。
上は上でそうする他ないってのも分かるけど、マジで「現場の声を聞いてくれ!」みたいな。

そうめん流しって単純で簡単そうに見えるけど、今回の巨大プロジェクトはなかなか難易度が高かったと思うし、誰が悪かったとか言い立てる気ははいけど、せっかくいい雰囲気の祭やったので、そこだけは残念やった。
残念やけど俺には一番印象的やったし、お客さんの心にも残ってしまったと思う。
「これ、このままじゃいけませんよね」と言いながら、ためらいもなく素手で地面に落ちたそうめんを黙々と拾っている高校生スタッフ。
そうめんの惨劇なんて記憶はなくしてしまいたいが、彼女のその働く姿を心に留めてほしいと思った。

ほんとこれからの時代?イベント時の食べ物の扱いに敏感にならないけんなぁと学んだ。

そんなんもありつつ、なかなか楽しかったです。
つり体験コーナーも意外と人気やったし、ドォーモスタッフも来場者との写真撮影やあいさつなどずっとフレンドリーで、暑いなか撮影の進行も考えながらで、すごいなぁと感じた。ほんとはもっと声をかけたかったけど、シャイなもんで、できんかった。

あとは、チンドン屋のリズムに心を掴まれた。
おっぺけぺー。おっぺけぺー。おっぺけぺけぺけ。おっぺけぺー。
エンターテイナーがうらやましい。

最後にカメラ回ってのインタビューされたが、多分放送されなさそうな感じ。

祭終わって、別府へ直行。
堀田温泉でさっぱりとし、アクトの飲み会へ。
先日結婚したばかりの夫婦が、日本酒をがっばがっば飲んでて、すごかった。俺もつられて飲みまくる。帰りの記憶があまりないが日田のノブさんちに連泊させてもらい、気持ちよくおやすみ。


【8月3日】日

ノブさんにお礼をつげ、日田から中津に帰る。
帰ってちょっと作業して、ひたすら寝る。
なんもできなくて、ごめんなさい。


【8月4日】月

今日は初の10時出勤だったが、自分が書庫の鍵を預かったままだったので、結局早めに出勤。
特にどうということはないが、それでも出会い、協力してくれる人がいることに感謝。
8月中に溜まってた振休を消化できそう。友達が戻ってくる日程と合わせられて、嬉しい。思いっきり遊ぶためにも、仕事を片付けねば。
ぎりぎりになったが、無事車検を終える。うう、お金かかるうぁぁぁ。


【8月5日】火

今日も10時出勤。朝っぱらから洗濯してやったぜー!といい気になる。
今日は上司が休みで、精神的に少し楽。
会社の営業車が新車になる。営業中に事故車を見る。
昼間は眠くなるけど、安全運転を心掛けます。
特にトラブルなく、一日を終える。
再会が待ち遠しくて、にやける。
仕事後、アクトの例会。
とりあえずは、メンバー増加をめざすための活動重視で。
しかし、8月は予定が多い。
仕事もしっかり追いつけるのか、ちょい不安。

何度でも夏の匂いをかごう
今しかみることのできないものや
ハックルベリーに会いに行く
台無しにした昨日は帳消しだ

やっぱ今を楽しまな!
いろんな本で見かける度に感じますが、確かにB型っぽい性格してる気がする。


【8月6日】水

再会の日。朝からそわそわ。
お昼にいつもの洋食屋で定食を食べながら、ニュースを見る。
『核兵器は廃絶されることだけに意味がある』
国家として考えれば、核抑止論も出てくるやろうけど、「国民目線」で言うなら、「廃絶されることだけに意味がある」「自分は核兵器によって死にたくない」っていうのは政治家を含めた世界中の国民の個人としての総意に近いと思うけど、だからといってそう簡単にはいかないもんや。
当時を振り返ってインタビューに答えるおばあちゃん。
涙が出るばかりで言葉が出て来ない。
本当に悲惨な光景やったんやと思う。
「あんな思いは私らの世代だけで終わらせてほしい」というおじいちゃん。
核兵器が必要やって人は、最低限マンガの「はだしのゲン」を読んでてほしい。僕は一瞬で自分の大切な人を失いたくないし、人間がズルズルでドロドロになった地獄なんて絶対見たくない。

誰一人望んではいないのに
誰一人喜んじゃないないのに
爆弾が落っこちるとき何も言わないってことは
爆弾が落っこちるとき全てを受け入れることだ
いらないものが多すぎる

黙とう。

午後からも仕事をがんばる。
その後、お昼ごはんを食べてた時間帯に意識不明中だった会社の先輩が亡くなったと知る。
本社の上司で面識がなく、何度か電話で会話しただけだった。
会ったことないけど、こんな形でお別れするのは残念だったし、ダメージが残る。ましてや、永年ともに働いて来た先輩方の気持ちは計り知れない。
突然、残された家族のことを思うとつらい。
自分はまだ独身でちゃらんぽらんしてるけど、健康には少しは気をつかおう。できれば、妻にも定期的に健康診断受けさせてあげたいなぁ。
ほんとこの歳で死ぬのと、自分の妻、子どもがいて死ぬのとは全く違う。
死にたくないなぁ。
倒れてから一週間ぐらい頑張ったその先輩のことを忘れないし、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

18時15分。駅で友と再会。
嬉しいけど、いつものこの道を二人で並んで歩いていることが変な感じ。
にやけるね。

友を別府に見送り、仕事を片付けて、会社(ボスと長老を除く)のみんなで、焼肉へ。
今回行ったのは初めての小さい店だったけど、ホルモンが肉厚で美味しかったー!レバ刺し食べれてハッピー!何でレバ刺しってこんなにうまいの?あと、秘伝の焼き肉のタレってどうやって作ってんの?リンゴとハチミツが隠し味??久しぶりにいっぱいお肉を食べて満足。
今日は、ちょっと寂しいので二次会はなく解散。
人生何があるかわからん。
どう生きたい?どう死にたい?何によって覚えられたい?
ほんと、どうしようマイライフ。

思いを伝えれない人がいる。というかなんと言っていいのかわからんし、何もできんけど元気でいればいいなぁって思ってる。

再会ありーの、焼き肉食いーので、嬉し喜びの数値がかなり上がってるんやけど、それにつられて寂しさ、空しさもつられて上がってなんかよぉわからんけど、数値が同じならマイナスの方が比重が重い(勝ち)って感じでなんかもやもやが消えない。

献杯。


【8月7日】木

振替休日。
前日朝まで一人で飲んでたので、昼すぎまで熟睡。
昼過ぎから特急で別府へ。

車中で、取引先の人が貸してくれた本『東京バンドワゴン』を読む。
登場人物が多くて、最初はややこしかったが、にぎやかな大家族もの。
物語が、死んだおばあちゃんの(幽霊)語り口調で進行していくので、書きやすそうな印象。
物語を書くときは、語り手がぶれなくて心情・風景描写が大切なんかなと。
心情表現の語りは主観的な主人公視点(セリフ)でいいんやけど、風景や場面の描写、説明は客観的な感じで天からの視点の方が分かりやすい。そこを違和感なく混ぜれればいいけど、それがなかなか難しそう。
この小説は、登場人物の行動や状況、それに付する説明まで全部おばあちゃんの視点で語れるから、読み手も視点が固定されて、楽そうやなぁと感じた。

別府駅に到着。後輩の女の子がそこで働いてたのを知ってたけど、いきなり会ってびっくり。大人っぽくなってて、びっくり。
いつかゆっくり遊びましょう。

友と再会。

西大分のdishでオムライスを食らう。晴れてたらもっと眺めいいんやろなぁ。

学生時代の友人の近況を聞く。
みんないろいろあるけど、元気そうでなによりです。
みんなと会いたいよー。

その後、ゆめタウンへ。
ヴィレバンで、小説「腑抜けども悲しみの愛を見せろ」(まだ映画見てないけど)、チェリーコーク、ルートビア、ドクターペッパーを買う。
炭酸飲料の中でドクターペッパーが一番好きなんやけど、なんで日本でヒットしないんやろう。
以前、苔玉を買った花屋のお姉さんをちょろっと覗きに行く。
もう一個買おうか迷ったが、我慢する。

明日仕事なので、ここでバイバイする。
特急で帰る。最近電車に乗ることがなかったので、うれしい。
何もしないで良い時間ってのはいい。

ちょっと服を見てまわって、帰宅。
ローソンのお弁当を食べる。


【8月8日】金

今日は自分自身のペースは普通だったが、会社としては忙しい日だったらしい。お客さんからの電話が大変だったとか。
やり残した仕事を20日までにしろって。うーん。
自分は享楽的すぎるんかなぁ。

仕事終えて、電車で別府へ。
帰宅ラッシュなのか乗客が多く、デッキで我慢。
『東京バンドワゴン』と平行して、桜庭一樹『少女には向かない職業』を軽く読み始める。まだあんま読んでないので、何とも言えない。

熊本の友達と電話。
懐かしの先輩も熊本で、仕事を見つけたとか。
彼女の家族と会うけど、お父さんが怖いとか。
なんか人生のネクステージが見えて来てるなぁ。

別府到着。
待ち合わせに時間会ったので、てきとーにラーメン屋に入る。
ちょい廃れてるっぽいけど生き残れてる店ってのは、実は実力あって美味しいんじゃないかと、試してみたくなる。
店構えの印象はまずそうやけど、美味しかったら、期待の振り幅がでかくて嬉しくない?M精神?ハズレも多いけど。
店主と話す。
とんこつ好きが多い九州でのしょうゆラーメン専門店は苦労をしたらしいが、来月大分駅前に2号店出すって。商売は勝負やって。
中華ベースの味で、なかなかおいしかった。

笑い堂で、友と御飯。
学生っぽい人がいっぱいおって、「やっぱ学生時代が一番いいよぉ」とうだうだ。馬刺うまい。生肉大好き。

学生時代に戻ってきたみたい。
こんなに心安らぐのは、久しぶりやし。
二人なら、なんでもやれそうな気がする!

居酒屋生一本にて、二次会。
といっても、お互いビール一杯のみで、お店の人すみません。
これからどうする?とうだうだ。
タバコ買っちゃった。

後輩んちへ。
秘湯鶴の湯へ。初めてで、わくわく。
露天で温度もちょうどいいし、滑止めマットもあってお尻いたくないし、風呂桶まであって、快適。
ぼぉっと夜空を眺めていると、流れ星を3つ見つけた。
とろけそうで、「なんかもぉどぉでもいいやぁ」って、気持ちよくなる。
友と温泉、最高!

就寝。


【8月9日】土

昼すぎに起きる。
友と二人で目指すはくじゅう花公園。
晴れた空の下ぎゅんぎゅん飛ばす。
途中で、九重“夢”大吊橋に寄ってもらう。
しっかりした作りで、それほど大きく揺れないけど、人が多く歩くとその振動が増幅されて揺れる。
体調が万全でないと、気分悪くなりそうな感じ。
実際に歩いてみると思ったより、長くて、向こう側が見えてるのになかなかたどり着かない。

揺らしたくなるのが、吊り橋で、ジャンプしてみた友は警備員から
「ジャンピングはだめですよ」と注意される。
ジャンピングってw

夏の濃い緑と滝を眺めながら歩く。
秋の紅葉も良いだろうし、冬の雪化粧した山景色も奇麗かも。

その後、くじゅう花公園に到着。

入場してすぐに、夢の乗り物セグウェイのコーナーがあり、惹き付けられる。
1回500円。土日は短いコースをぐるぐるまわるだけだが、平日はセグウェイにのって、園内を観覧できるとか!そら平日行くしかないっしょ!
最初はぎこちなかったが、慣れれば8の字走行なんてやってみる。
これは、最高に楽しい!マジで欲しい!
今年のクリスマスにサンタさんにお願いしよう☆
(100万円ぐらいするらしいけど!)

この時期メインのひまわり畑へ。
種の部分がでっぷりしてた大型のひまわりやった。
「こいつ美人や」なんてチェックしながら、わいわい。

草原に寝転んで、空を見ながら、ぼぉっとする。気持ちいい。
てくてくと、園内を見回る。
なんで自然ってこんなにカラフルなんやろ。

その後、長者原へ。
陽が落ちてきた湿原に涼しい風が吹く。
もう秋や。ポケットに手をつっこんで、そよぐ草を見ながらぶらぶら。
ベンチに寝転び空を見る。
こういう穏やかな空気の中、ゆっくりとした時間を共に過ごせる友達って、かけがえのないものやと、しみじみ噛み締める。

陽が暮れてきたところで、由布院でディナー。
もう一度行くのをずっと楽しみにしてたピザが美味しいあの店へ。
学生時代に友と原付で何度か行き、その都度「よく来てくれたね」っていろいろと貧乏学生にサービスをしてくれた店。
1年半ぶり以上に行ったのに、ウェイトレスのお姉さんが覚えててくれて、今回も「味見してください」とパスタを一品サービスしてくれた。
嬉しかったウルウル。
久々に味わうピザも変わらず絶品で、幸せでした。
幸せを作れる人っていいなぁ。

「このまま帰るのはもったいないなぁ。なんか祭とかやってないんかなぁ」
と友が言うので、由布院の商店街の方にふらっと向かうと夜市のような祭をやってた。
彼のオモロセンサーの感度は鈍っていない。
いかにも地域の祭って雰囲気を楽しむ。
こんな楽しいこと他にはないよってぐらいの、子どもたちの笑顔ににやける。
果物屋で後輩用にぶどうを買うと、そこのおばちゃんが食べかけのトウモロコシをくれた。間接キスごちそうさまです。

電気屋さんの店頭で中古ビデオをまとめ売りしていた。
【洋画3本100円、邦画・アニメ1本100円】とな。
とりあえず、笑うセールスマン7本をキープ。
店内2階のビデオコーナーもセール中らしい。
しかし、こちらは、新作、人気作もあり、【邦画・アニメ1本300円】。
1本300円はちょっと買わんなぁと思いながら、洋画を数本手に取る。
こんなもんかなと1階のレジに行くと、お兄さんが「今日は祭だから、邦画・アニメも1本100円でいいよ」
!!!!( ・∀・)キタコレ!! !!!!
この瞬間、二人の目が最高潮に輝いた!!
テンション上がる上がる!!
うぉー!!と2階へ駆け上がる。
「うそーどうする!!」「やっぱ黒沢やろ!」「松本零士コンプリートやー!」「洋画あと2本どれにしよー!」と次々に手に取る。
あれもこれもの大人買いに笑いが止まらない。

別府に戻る。
ラウンジによって、後輩と会う。
翌日仕事のため、電車で中津まで帰る。


【8月10日】日

取引先に行き、仕事。
夕方まで働く。普段と違う仕事して、肉体的に疲れる。
酒飲んで寝る。


【8月11日】月

振替休日。友との最終日。
昼すぎに別府へ。
バッティングセンターに行く。
かっとばせ青春。
友を見送る。彼の姪と甥に、めじろんをプレゼント☆
大分に帰って来てくれてありがとう。
らびゅー!

その後、ラボの懐かしい仲間と集まり、焼き肉。
レバ刺しはなかったけど、ユッケ食べれたので満足。ごま油最強。
昔ほど、肉を食べれなくなったのは、歳をとったってことかしら。
このメンバー独特の気楽な雰囲気も楽しい。
ほんと集まれてよかった。


【8月12日】火

素晴らしいときは やがて去りゆき
今は別れを 惜しみながら
ともに歌った 喜びを
いつまでも いつまでも忘れずに

仕事復帰するも、お盆前で微妙な時期。
ふぬけ。


【8月13日】水

お盆であまり営業に出ずに、ぼちぼち仕事する。


【8月14日】木

お盆であまり営業に出ずに、ぼちぼち仕事する。
千葉のおじ・おばが大分に来ており、仕事後、直行。
府内の『壷中の天地』にて会食。雰囲気良くて、落ち着く。
いろいろと使えそうなお店。料理は和食中心で、んまー☆
津久見の実家に帰り、寝る。


【8月15日】金

振替休日。よく寝る。
午後から、明日のためのMTG。
なんかいい感じ。


【8月16日】土

ちょっと早起きし、別府の生涯学習センターで集合。
県民アカデミア大学という生涯学習の事業があり、国際交流講座で講師として自分たちのNPOの活動紹介をすることになる。
ちょっと内容難しいかなと思ったが、渾身のパワポでプレゼン。
その後、グループごとに意見交換。
興味をもってくれる、おじちゃん、おばちゃんたち。
普段の講義より参加型で充実してたと言われ、うれしかった。

お昼は、カフェピアノで、バングラディッシュカレー。
さらさらスープカレーで、んまい☆

夜、ばあちゃんちに寄る。
帰宅。食事。オリンピック野球観る。新井のホームランに興奮したが、その後はぐだぐだ。9回裏も追いつけんかったし、残念。


【8月17日】日

よく寝る。
昼ご飯食べる。
モバゲー小説を読みながら、昼寝。
夕方、雨が激しく降り始めたので、夕食後に中津に帰ることにする。
夕食。ピーマンの肉詰めを作る。一人暮らしのうちに料理できるようになりなさいと母に言われる。はい、仰る通りでございます。
なんだかんだ言っても、懐かしい味。
オリンピックの男子体操床で銀メダル取ったスペインの選手の両腕にあった、カタカナのタトゥーは何やったんか気になった。
ぶっとばして中津に帰宅。
実家からリモコンを持ち帰ったので、ビデオデッキが使えるようになり、「笑ゥせぇるすまん①」を観る。
『ココロのスキマ、お埋めします』
ブラックユーモア好き。人間誰でも、スキマや弱さはあるよねぇ。
今の自分やったら、どんな『ドーーーン!!』になるんやろうか。


【8月18日】月

3日前ぐらいからお尻が腫れて痛い。
いつの間にかおしりかじり虫にかじられた模様。
多分、苦かったやろう。
歩いたり、座ったり、しゃがんだりすると、ずきずき痛んで、動く度「あぅ」ってもだえる。ちょいこの痛みに堪えるのもおもろいが、「あふぅん」なんて言いながら仕事できんので、出勤前に皮膚科へ。
病院なんてめったにこないから、ちょっとわくわく。
盆明けで、患者が多く、だいぶ待った。
きれいな看護士さんにお尻見られたらどうしようなんて、心配は杞憂に終わり、男の先生にぺろっと見てもらい、とりあえず薬をもらう。
痛み止めの効果に感動!

今日は遅出だったので、遅くまで働く。
最近ずっと満月の気がする。明るいのぉ~。


【8月19日】火

仕事の締め切り前でてんやわんや。
別件の数字もいってないもんやから、気が重い。
毎食後薬を飲んでるのに、おしりの痛みは治まらない。
痛み止めが効いてる間はなんとかやれるけど、切れると動きがカクカクになる。
ちょいとこの痛い生活もおもろがってたけど、もういや。
右手人差し指と中指までなぜかパンパンに腫れてるし。
やる気でらんし、食欲もない。食欲ないときでも食べれるものってなんやろう。
御飯食べな薬も飲めん!と12時過ぎに近くのコンビニへカクカク向かう。
部屋着のタカアンドトシのライオンTシャツそのままで。
「お兄ちゃん、うちの彼氏と服装似てるわぁ」とか話したりするコンビニ姉さんに、ネバネバそばを手渡す。
「お兄ちゃん、お疲れさん!」Tシャツを見て、「ぐふっ!330円で・・す。」
えー!今吹き出したよね!?笑い堪えてるよね??
笑い堪えてるのがおもろくて、こっちも笑いたくなってくる。
いじってくれるかなぁと思ったが、予想外の反応もまたおもろかった!
あとで、絶対ネタにして笑ってるわぁ。
ツッコンでくれるまで、これで通いつめようかしら。
気分落ちてたけど、楽しくなってきた。


【8月20日】水

あー。終わったけど、終わってないような、結局やりきらな終われんよなぁ。
とりあえず、一仕事終えました。
でも、まだおしりが痛い。
実家から持ち帰った食材が豊富にあって、早いとこ料理したいけど、作る気力がなく、ローソン弁当。
最近エンゲル係数のローソン比率高いわ。
ちゃんと料理して生きたもん食べんと、元気でらんのやろなぁ。
おなかもぽにょぽにょやし。顔に肉ついてるしなぁ。

夕食後、『女子大生会計士の事件簿①』を読む。
一つの章が短いので、さくっと読めるし、簡単な会計知識を得られて◎

そんなときに、着信アリ。
地元の友達から、「どっか旅行に行かん?」
最初台湾行きで仮決定したが、お互いベトナムに縁があり、ベトナムでファイナルアンサー。時期は今後調整。
マジで行けるように、お金溜めな。というか、休みを取るタイミングがむずい。
いきなり海外旅行行くど!ってテンション上がって、ドキドキしすぎて、非常に気分が悪くなる。吐きそう。


【8月21日】木

振替休日。
よく寝て、午後から買い物へ。
土日の鹿児島で着るための、浴衣を探す。
浴衣は高かったので、安い甚平を買う。
でも、浴衣も着てみたいなぁ。
みんなと再会楽しみじゃー。


【8月22日】金

体がだるいが、なんとか一日がんばる。
おしりも回復して、よかった。
明日はヤングネットワークの同窓会in鹿児島。
うきゃー。きりしまー!
天気と朝起きれるかが、心配。


【8月23日】土

起きる。早めに到着しようと思ってた電車に間に合わず、次の電車で大分へ向かう。
バス停前で、久々の友達と合流。嬉しい。この安心感はなんやろう。
鹿児島まで高速バスで5時間。
本谷有希子の『腑抜けども悲しみの愛を見せろ』を読む。
いやーすごいよ、これ!
時折雨が強く振り、どうなるかと心配になる。
まぁ仲間が集まれば、晴れでも雨でもいいけど。
バスの座席は狭いけど、ちょっと寝る。
鹿児島空港前到着。小雨で暑くないし、鹿児島にいるという実感が湧かない。鹿児島の人に迎えにきてもらい、ふれあいセンターに向かう。
風景自体は特別なもんでもないが、自分が鹿児島にいるってのが、わくわくする。

ふれあいセンターで入所式を済ませ、高千穂牧場へ。
ちょっと晴れてきて、草原と山の景色が奇麗に見えて、鹿児島に来たんやー!って気分になる。仲のよかったメンバーで見回る。なんかね、懐かしいし、居心地いいんよぉ。
高千穂牧場の後は、霧島神社へ。
でっかい鳥居を抜けて進む。
周りを樹々に囲まれ、すがすがしい。
おみくじを引く。
普通のは、末吉。『まだ実力が足りないから地道に努力せよ』みたいな。
痛い痛い。末吉を引くのは初めてで、軽くショック。でも、地道に頑張らないけんよね。
恋おみくじは小吉、『良い人が現れる。もう少し待たれよ』みたいな。
よし、その言葉を信じてもう少し待ちますさー!!

センターに戻り、夜のBBQに向けて甚平に着替える。
雨も上がり、キャンプファイヤーもできそうな感じ。
何年ぶりのキャンプファイヤーやろう。みんなでやいやいしながら、火を囲むのってとっても好き。大学時代のキャンドルズを思い出す。
陽も暮れ、BBQ開始。乾杯。
久々に会う仲間と、わぁわぁ野菜焦がしながらのBBQは最高。みんな仕事頑張ってるなぁとか思いつつ、そんなの関係なくあのころに戻ってる。青春や~。でも、この青春はこれから先も終わらん気がする。

酔いやさー。酔いやさー。

途中雨がふったが、キャンプファイヤーのときには上がった。
みんなで火を囲んで、BGMなしのアカペラで、オクラホマミキサー&マイムマイム。
ぐだぐだやったけど、なんかそれもヤンネらしくて、楽しくてたまらんかった。いいなぁ。浴衣着てた人が多くて、夏っぽくてよかった。

大広間に戻り、二次会。
森伊蔵、金霧島など、んまー☆といただく。
初めて金霧飲んだ。ホントに金色なのね。
やいのやいので、酔いの酔いので、いろんな人と話す。
名前忘れてて、ほんますみません。
でも、すっごく楽しいというより、嬉しいというか、幸せな時間でした。
ベランダ?に出て、夜風を浴びながら焼酎を飲んだり、最高。
誰かのおみやげのにんにく漬けのパックを開けて、食べる。
丸々一個食べるのはキツいと激しく後悔する。
覚えているのは、ここら辺までで、
その後、無我の境地で暴走。
女の子の頭を鷲掴みにしたり、にんにくを投げたり、「大丈夫!今はボンジョビタイムだから」とか意味不明なこと言ったり、兵隊ごっこで匍匐前進して、「衛生兵、衛生兵!」とか叫んだり、ぐるぐる回ってたらしい。
これほどまでに記憶なく稼働していたのは、初めてやった。
ご迷惑をお掛けした方に、お詫び申し上げます。
ここまで自分を出せるのも、ヤンネだったからってことにしといて。
兵隊ごっこまたやりたいなぁ。


【8月24日】日

酔いが残るまま、起床。朝食。猫舌なものでコーヒー飲んで舌火傷する。あうあぁ。
御飯を食べると二日酔いは回復すると信じてるので、がんばって御飯もりもり食べる。
退所式で、参加者を代表して半端なあいさつをする。
でも、本当に、本当に、手作り感と気持ちのこもった鹿児島県団のおもてなしに感謝です。。
短い間やったけど、一緒に楽しんだみんなもありがとう。
来れてよかった。新しく話せた人もいて嬉しかった。

センターを出て、高千穂牧場でお土産をみる。
切り子のショットグラスを自分用に買う。わーい。これで、焼酎やウイスキーを飲もう。
その後、下道を宮崎まで延々と走る。
車内ほとんど寝ててすみません。
宮崎名物?なんやこりゃ大福を買う。
で、レストランおぐらで、チキン南蛮を食らう。
特別って感じはなかったけど、ボリュームもあり、んまー☆でした。
大分まで延々と走る。話をしながらも眠りにつく。
運転してくれたまーさん本当にありがとう。
大分着。バイバイして、電車で帰宅。
帰って振り返ってみて、もっと一緒にいたかったなぁって寂しくなる。


【8月25日】月

楽しいときは やがてさりゆき
今はなごりを おしみながら
ともに過ごした 喜びを
いつまでも いつまでも忘れずに

幸せな時間から抜けきれず、ふぬけ。


【8月26日】火

目が疲れてる。目が痛い。
ロータリーの方と今後の活動方針の相談。
くそ緊張した。
いい方に動きだしたけど、自分も本気で動かんといけんな。
あーがんばらな。


【8月27日】水

営業でちょっと遠くまで動けたので、久々にお昼に柳ケ浦のラーメン屋で食べる。スタンダードやけど、おいしい。県北やったら、ここが一番好き。
今日はそんぐらい。

【8月28日】木

振替休日。
よく寝る。ちょいと部屋片付ける。
『腑抜けども悲しみの愛を見せろ』読了。
風景とか情景の描写を全部詰め込んでも、滑らかな文章に感動。
ほんとすごい!エジプトのネタがツボで、おもろいネタ1個取られたなぁってずうずうしいがそんな気持ちもして感服。
他の小説も読む価値アリですな。
映画の予告編を何度も見てたので、人物が浮かんで読みやすかった。
でも、描写力?が抜群で満足したので、映画を観たいという気持ちがかなりなくなった。

【8月29日】金
仕事。怒られる。今日が締め切りな件もあって、動き回るが思うようにいかず。むーん。


【8月30日】土

よく寝る。晴れたので洗濯し、部屋を片付ける。
夜、ラーメンを食べに行く。
入浴後、取引先の社長より電話があり、飲み会参加。
そこの取引先の社長が東京から来ており、飲みながら話す。
次元の違うバリバリの青年実業家という印象。
ピンクのキャデラックに、オレンジのフェラーリってw
いろんな意味でカッコ良かった。
20代で伸びないやつは、何やってもだめや。君は今のままでいいの?一回仕事辞めてみればいいじゃんって。自分でもこれでいいとは思わんけど、自分に何ができるか分からん、そこまでやりきれんなぁとか思うけど、無理だと思うなら無理だよって言われるとその通りで。
あぁ、俺は何になりたいんやろう。
二次会は、バーでウイスキーをいただく。んまー☆
その後、取引先の女性と二人でカラオケ。
一回り以上歳は離れるが本や音楽の趣味が合う身近な人。
今日は斉藤和義で盛り上がる。
あの曲のギター最高だよねなんて話ながら、序盤は斉藤和義祭。
ミッシェルやブランキーも歌えて、楽しかった。
『愛に来て~。愛に来て~。恋なんて雷よけらんない♪』
以前貸した乙一の『ZOO』は良かったけど「重い」「残る」よねと言われる。本谷有希子の『腑抜けども~』の文章力?が良かったよって話をすると、栗本薫もすごいよと勧めてくれた。ファンタジー系はあまり惹かれんけど、読んでみようかな。乙一は筒井康隆みたいに文章が固いと言っていた。えーどうなんやろ。筒井康隆は短編集を少ししか読んだことなくて、展開がうまいという印象で、文章は意識してなかったけど、きっちりした文のイメージもするので、そうなのかもしれない。もうちょい読んでみよう。
昔は書物や文字は男性のみのものだって聞いたことあるけど、それで『女が喜ぶ』で『うれしい』って言葉を作ったのが、ちょっといいなぁって思う。
スカパラのCDを借りる。


【8月31日】日

よく寝る。昨日の酔いが残る。
大学時代の親友から、彼女できましたメールが届く。
おめでとう☆これからは二人でキャンドルの灯りを絶やさずにね。
うれしいね~!うれしいね~!
アクトの作業をする。うがー!!!
人数少ないと、ハードやぞー!!!
そういえば、小学校の友達の誕生日やった。
メールし忘れたけど、おめでとう☆

あっという間の八月やったなぁ。
今年も泳がんかったなぁ。
来年こそは海に行きたい!!

fin
2008-09-11 01:04 | +2愛 | Comment(3) | Trackback(0)
本命
今日(もう昨日)はバレンタインデイでしたね。
My Bloody Valentineの『Loveless』を聴こうとケースを取るが、ディスクは行方不明。気づいたころには、愛はどっかに行ってしまったか。
でも、ネットで歌詞見れて、曲も聴けるなんて便利なものだ。

3日前から、無性ぉぉにピザを食べたい。
おいしいピザを食べたい。
宅配ピザなんて便利なものもあるが、ちゃんとしたお店のが食べたい。
洋食ってなかなか一人で食べることないなぁ。
特にピザなんて、一人で「ハイ、チーズ!」ってスマイルにならんっちゅーの。


「なぁ、『ピザ』って10回言ってみ?」
「ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ」
「じゃぁ、ここは?」
「えぇと、日本!」
「ぶっぶー!!地球でしたー!」
「なんやそれ!」
「ピザ食べたなったやろ?ほな行こか!」

「で、『本命』って何やねん?」
「いやな、昨日出会いがあってな。俺惚れたんやわ。まだちょっとしか知らんねんけど、知ってくうちに惹かれていってな。彼女の全部を知りたいって気持ちが押さえらへんくて。」
「へぇー。『◯◯ちゃん命』って感じ?」
「いや、その『◯◯ちゃん命』とか、『バイク命』とかって言葉なんか変な気がせぇへん?なんか俺それ嫌なんよ。」
「せやなぁ。マモルくんって人を好きになったら、『守命』になるしなぁ。」
「まぁ、それはそれで・・・えぇなぁ。」
「で、誰やねん?」
川上未映子さん言うてな、小説家で、歌手で、自称『文筆歌手』らしいんやけどな。」
「分泌箇所?」
「どこから、何が分泌するっちゅうねん!文筆歌手やって!」
「すまん、一瞬頭ピンクになってたわ。」
「いやまぁ、それもある意味正しいねんけどな。『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』って本を買って読んだんやわ。」
「んん?それがええんか?」
「これがええんやわ。短編集で7つ話があるんやけど、そのタイトルがもうすっごいねん!」
「何や?」
「まず、『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』やろ。これはなぁ、なんかグルグルしとったな。で、『少女はおしっこの不安を爆破、心はあせるわ』これは良かった!好き。で、『ちょっきん、なー』ってのがあって、これは、髪の毛と女子と子どもを生む卵って感じでなんやちょっと怖かったな。で、もいっこ『彼女は四時の性交にうっとり、うっとりよ』これは、性交と推論やな。男女の推論の交わりであるけど、とてもとても好きよって話やけど、ちょい哲学的?な雰囲気もある。質と量とか。ここまでしかまだ読んでへんのやけど、あとは『象の目を焼いても焼いても』『告白室の保存』『夜の目硝子』で全部やな。」
「なんかよぉ分からへんけど、エロと女って感じやな。」
「まぁ、そうっちゃそうやねんけど、それだけやないねんて。なんて言うんやろ。ぶっ飛んでるけど、文章がなめらかというか、さらーっとしてて勢いが出るねんけど、奥行き?言葉づかい?意味?が深くてイメージが追いつかれへん。で、気持ちよく流されてまうみたいな。分かるか分からへんかって言うたら、分かった気になればええんちゃうかって印象やな。」
「とにかく、すごいみたいやな。」
「俺も一週間前まで全く知らんかったけど、この人この前、芥川賞受賞したんやで!『乳と卵』っちゅう作品で。」
「マジ?芥川賞って、あの芥川賞?本の賞ってぐらいしか知らんねんけど、めっちゃすごいんやろ?」
「そうやって!やから、すっごいって言ってるやんけ。」
「にしても、『乳と卵』ってまたあれやな。」
「まぁあれやけど、はよ読みたいわぁ。」
「そら俺も読んでみよかな。」
「彼女のブログあるから、とりあえずそっち見てみ。あれの『よりぬき日記』と記事カテゴリーの『恋愛』を読んでみたら、好きかどうか、合うか合わんかとりあえず分かるんちゃうん?俺はあれで、さらに惚れたけどな。しかも、なかなかきれいな人やねん。」
「美人か!よりぬきと恋愛やな!」
「いやマジで、このブログの文章も質が高いねんて。初めて、金を出してでも読む価値あるブログやって思たわ。あー前におまえに言うたっけ?俺が太宰治の『女生徒』好きやって」
「あーなんか言うてたなぁ。読んでへんけど。」
「ブログ読んでみて、結構『女』をテーマにしてる感じがするけど、その『女生徒』となんか印象がかぶるんよなぁ。あ、印象言うても、インドのゾウちゃうで!」
「誰がインドのゾウを思うねん!今までの話ぶち壊しやんけ!」
「何事も一回壊したとこから、また始まるねんて。」
「インド言うから、カレー食べたなったな。カレー屋どっかあったっけ?」
「おまえ、あんだけ俺がピザ食べたい言うたやんけ!一番最初っからぶち壊しかよ!」
「じゃ今度は俺からや。『カレー』って10回言ってみ?」
「もうええわ!」


Special Thanks:チュートリアル



というわけで、ハマりました。川上未映子。

きっかけは、うちのおかんが、新聞の芥川賞受賞の感想の記事から、衝撃を受けて読んでみたいと熱く語っていたこと。何がおかんをここまで熱くさせるのかと本屋で手に取ると、すっごい!
さされて、刺激、中毒、洗脳、入信、布教活動。ここまでさせるエネルギー。
まさかの、胸いっぱいのときめきバレンタイン。

↓↓↓チュートリアル徳井絶賛!芥川賞作家 川上未映子のブログ↓↓↓

『未映子の純粋非性批判』
2008-02-15 03:21 | +2愛 | Comment(0) | Trackback(0)
カップリング
カップリング (coupling) とは、2つのものを組み合わせる、結合させること、
また、その用途に使われるもの。
     出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ある狭いカレー屋で
座ったカウンターの向かい側
高校生カップルが向き合っている
坊主頭の男の子 ほっぺた赤い女の子
純朴そうなカップルを見るともなく見つづける
母が若いときによく来ていた店
二人はどんなことを話してるのだろう
相手のどこに惹かれたのだろう

男の子は大盛りごはんをもう半分も食べた
女の子のカツカレーにはスプーンとフォークがついている
僕のカツカレーはフォークのみ
カツカレー ノースプーン スタンダード?
意外とフォークで食べてもこまらない
制服カップルの会話はきっとフォークではなくキャッチボール

映画みたいなシーンがある
自分が監督だったなら
映画に使いたいシーンにときどき出会う

女の子は両手でスープカップを持つ
男の子と向き合いながら なにげなく
カップの左の丸い取手に 
薬指を入れみて まだちょっと早いかな
中指を入れみて なんかちょっと違うかな
人差し指を入れみて 今のところこれぐらいかな
カップの取手が指輪みたいで
輝いてないけど あたたかみのある白色で
二人の雰囲気と合っていた

スープを飲みおえた女の子の左手は
男の子の右手に包まれて店を出た

2008-01-23 01:41 | +2愛 | Comment(9) | Trackback(0)
まばたきとはばたきの間
ここ一週間、左まぶたがぴくぴくけいれんしてる。
疲れたまってるんやろうか。でも、ちょっとおもろいので良しとする。
ウィンクキラーを最後にしたのが、いつだったか思い出せない。
そのうえ、最近コンタクトが渇いてまばたきばっかしてるんで、何人か殺してたらどうしよ。

目薬を買おうとドラッグストアに行く。
普段600円ぐらいする商品がなんと300円。2箱握ったとき、店員から声を掛けられる。
「ドライアイですか?」
「多分違うと思いますぅ」
話を聞くと、ドライアイ用のすごい新製品の目薬があるらしい。
ロート ドライエイド
値段を見ると990円ぐらい。
これは高すぎやろぉと思いながら、「いやぁ」「そうなんですか」とか曖昧に答えながら、店員のセールストークを引き出す。
店員のセールストークは勉強になるので、どんな店でも基本的に聞く。
さて、いかにこの高額商品を買う気にさせてくれるのか。

1.相手の状況に合った(求めている・あった方がいい)ものだと伝える
「パソコンや運転を長時間する人はドライアイが多いんですよ」
まぁ、スーツで営業マンっぽい感じなら、だいたい当てはまる。
ーへぇ、そうなんや。

2.流行、人気、もしくはレアなものと伝える
「今、とろみのある液体で潤いを保つ目薬が増えてるんですよ」周りのとろみ系目薬を見せる。
ーあーなんか、CMで見た気がする。

3.実物で視覚的に訴える
ロートの見本を見せて、容器を逆さまにして「この気泡がゆっくり上がっていくのがわかりますか?このとろみがいいんですよ」
ーへぇー、そうなんや、ならもう少し安いとろみ系の目薬買ってみようか。と隣の商品を手に取る。

4.類似する他製品との優位点を訴える
「そっちもいいんですけど、このロートのは他にはない成分が入ってるんですよ」
ー何!?確かに、『スーパーとろみ目薬』、『超高粘度目薬』って書いてる。でも、高いよなぁ。

5.体験者談から製品の素晴らしさを訴える
「これ使った人は、1滴差したら1日中もったって言ってましたよ」
ー「え!?1日中ですか!?」
「はい」
ーうそーん。でもほんとやったら、すごそう。試してみたいかも。

6.高額でも長く使えれば、お得と思わせる
ー1滴で1日保つなら、高くてもコストパフォーマンス高いんかも。
価格がネックだったので、ここで心が傾く。

7.とことんオススメする
「これはいいですよ」「間違いないですよ」「似合ってますよ」とか、品質、性能の良さを押しまくる。
ーこらちょっと、一回試してみるか!「じゃ、これお願いします」はい、落ちたー。


多分、モノを売るセールストークの基本ってこんなとこなんかな。
「この良さを知らないなんて、損」と損得勘定に訴える。
「良いから、一回試してみて」と好奇心に訴えるとか。

この目薬、実際に使ってみた感じ良かったっす!
目にうるおいがー!!
確かに長くもつー!!
他のとろみ系目薬と比べてないし、1日1滴以上は使いそうやけど、いいよこれ。



上の1~7のセールストークで、口説かれてまだ買ってないけど、いいなと思ってるのが、
豊後高田の昭和の町にある、蜂蜜屋?で売ってた蜂蜜せっけん。

『蜂捕屋本舗 ブ~ンブン美願せっけん』 
サイトの作りが投げやりすぎて、ウケる。売る気あるんかい!

実演で、片手だけ蜂蜜石鹸で洗ってもらうと、手のしっとり感が全然違う!
ちょっとオイリーっぽいような感じと、匂いが若干残る気がするけど、これは良さそう。

簡単に説明。
・1個1000円也。
・2~3ヶ月ぐらいは使える。
・日本でここだけ。
・手作りで、肌に悪い化学成分なし。
・一回その石鹸で洗った手はお風呂入っても、2日ぐらいしっとり(なんとなく体験済み)

こんなとこです。
で、蜂蜜入りせっけんなんてかわいい感じですが、この石けんのすごいとこは
なんと、「蜂の子(幼虫)を粉末にして、混ぜている」ところ…。
店先で、蜂の巣から蜂の子をピンセットで取りながら、おじさんが言っていた。

それゆえの保湿効果といえど、ちょっと引くなぁ。
まぁもうちょい気が向いたら買ってみようか。

なんか今回はアフィリエイトっぽいブログになってしまった…。


今回のテーマは、
『潤い』を『売る』
『二階から目薬』
『泣きっ面に蜂』
ってことにしといて。

最近は、悪い事ばかりでもないけどね。
2007-09-15 02:52 | +2愛 | Comment(3) | Trackback(1)
感謝(驚)
7月になりました。
時が経つのは、ほんとに早いですね。
子どものころは、一日、一年が長かったのに、成長するにつれて短く感じる。
やること、考えることの量もあるんかな、
前に読んだ新聞のコラムによると
一年の長さ・体感速度(?)は、今まで生きた年数分の一だとか。
つまり、1歳のときを1とすると、5歳のときは一年の長さが1/5で、30歳になると、1/30ぐらいに短く・早く感じるんだとか。
かといって、80歳になってからの1年が今より早く感じるとは思えんけど。
うまく説明できないので、感覚でわかってください。

ちゅーわけで、働きながらも、うまく時間使わんといけんな~っち思う。


というわけで、7月です。
この4月に入社してからなんとかやってこられました。
これも、本当に、本当に、協力しくれ、励ましてくれたみなさんのおかげです。
いきなり声かけて、お願いしたりと、ご迷惑とご面倒をおかけしましたが、
ありがとうございました。
そして、協力できなくてごめんねというみなさんも、ありがとうございました。
大丈夫ですよ~。こっちも仕事として焦ってて強引なとこがあって、申し訳なかったと思ってます。こっちのことは気にせんでいいけん☆
働きだしてから、周りの人に心から感謝することが多いです。
それに比べて、俺は人に何かを与えることができるんやろうかっち思うし、そうなりたいので、何かあればいつでも言ってくださいな♪

あれから何度目の7月だろうか・・・(意味なし)
もう夏なんですねー。
いくら毎日スーツで日中チャリで暑くても、七部袖T買ったのはミスったわw
秋までお預けやなぁ。

遊びたい季節です。
花火に祭に誕生日、いろいろあるでぃ日本の夏。
こっちの地域の祭に参加して、神輿担ぐよー。
酒飲みながら、人肌に触れながら、わっしょいしちゃうよ!
人に触れるって大切ね。温もりと感触。無意識のうちにでも求めてるのかもね。
フリーハグ分かるわ。
離婚した上司が俺にちょっかい出すのが、うざいと思ってたけどしょうがないと思えるようになった。
そして、いつも慌ただしそうな独身の先輩は、どこかで温もりを感じてるんやろうか。
チャンスがあれば、触れてあげよう。

とりあえず、人体の不思議展は絶対に行く!
そして、バスケのインターハイ@佐賀も見に行きたい!



『ななつー(仮)』
7月2日 月曜日
今日は何の日?
たわしの日
わたしの今日は
はずれのたわし

働き始めて三ヶ月
辞令交付で正社員
今日からわたしは正社員
営業焼けだぜ、サンシャイン

本社にくるのはいつぶりか
同期のみんなと久しぶり
お元気ですかと再会す
大変ですよと声返す

そうはいかぬぜ、マイライフ
裏切らないぜ、淡い期待
しでかす、やらかす、わたしみたい

目覚ましよりもざぁざぁと
聞こえる雨音 サプライズ
たまには、雨も降らんとな
いっぱい飲めよ、そこのダム

準備を終えてさぁさぁと
駅に向かって電車に乗るが
土砂降り、雷、水たまり
電車は途中の駅で止まり

やってくれるぜ、マイライフ
9時までに来てって、間に合わねぇよ
別に社長の顔が見たいわけじゃねぇ

『運行再開目処は立ちません』
それでも腹は立てません
読むぜ日経、伊坂幸太郎
『ライトヘビー』でやられ、ニンマリ

運行再開アバウト9時前
ゆっくり走れよ、汽車ぽっぽ
たまにゃのんびりさせろよ、オンタイム
ガタンゴトンで、ドリームタイム

なんとかなるぜ、マイライフ
部長にもらうぜ、辞令公布
頑張りますとも、アイアイサー

やってやるでぃ、マイライフ
レイニーデイでも、マイタイム
明日死ぬなら、もっと生きろ


いつの間にか下手なラップっぽくなったw
誰かメロディ作ってw
2番、3番もあるんやけど、めんどくさいけんもういいや。
2007-07-05 00:34 | +2愛 | Comment(11) | Trackback(0)
<Prev
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。